RSIとは


RSI(アールエスアイ)とは「Relative Strength Index」の頭文字をとったもので、
日本語で相対力指数という意味になります。

このRSIはテクニカル指標の1つで、「買われ過ぎか売られ過ぎか」を
表すものです。

RSIをチャート上に表示させると、0~100%でどのくらい買われているか、
売られているかを表してくれます。

数値の見方は70%を超えていると買われ過ぎているということで、
逆に30%以下になると売られ過ぎであることを表します。

RSIを使うことによって市場が上昇するのか下降するのかを予想することが
できます。

ただし急激な上昇トレンドや下降トレンドにおいてはほとんど使い物に
ならないので注意が必要です。

またRSIだけを使うと逆行現象が起こる場合があり、だましにあいやすくなります。

なのでRSIの指標を使いつつ、他の指標も組み合わせることでだましを回避
する確率が大きく上がります。

1つ1つのテクニカル指標を理解し、上手に組み合わせていきましょう。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ