取引手数料が安い会社の落とし穴


FXで取引を行う際に「手数料」は付いて回るものです。

ここでは手数料についてお話していきます。

まず手数料は会社によって異なります

手数料がかかる会社もあれば、中には手数料が無料の会社もあります。

現在のFX業者は手数料がかからないところがほとんどです。

じゃあ手数料を取らないで、FX業者の利益はどこから取るの?

こんな疑問が出てきますよね?

FX業者の取り分は「スプレッド」です。

スプレッドに関してはこちらに書いてあります。

為替レートの読み方~BitとAskについて~

で、最近のFX業者のほとんどは「手数料無料」と謳い、実際はスプレッドから
利益を得ているということができます。

一昔前に携帯電話の端末1円というのがありましたが、それに似ています。

今は「手数料=スプレッド」といってもいいかもしれません。

そしてこのスプレッドも業者によって異なります。

スプレッドが固定の業者もあれば、変動する業者もあり、さまざまです。

長期的な運用をするのなら、手数料はあまり考えなくてもいいかも知れれません。

しかし、デイトレードなど、1日に何回もトレードをする場合、このスプレッドの値は
トレードの損益を左右します。

なのでデイトレードなど、頻繁にトレードを行うならスプレッドの安い業者を
選ぶのが賢明
といえるでしょう。

しかし一方で先ほど言ったように長期的に保有する場合、手数料を多少多く
払ってでもシステムの安定した業者を使うほうがいい、といえます。

スプレッドの安い業者の落とし穴

いろいろな業者を比べれば、どこのFX業者がスプレットが安いのかは
わかります。

しかし実はスプレッドの安い業者を選ぶと落とし穴があるのです。

それはポジポジ病になりやすくなる、ということです。

そんなこと?と思うかもしれませんが、ポジポジ病ははかなり深刻な問題ですよ。

スプレッドが小さいと今までなら躊躇していた場面でも、取引を行ってしまいます。

それが結果としてプラスになればいいのですが、そううまくもいきません。

スプレッドが小さいと1つの取引を軽く見てしまいがちです。

ポジポジ病になるとそれを直すのは結構大変なのでスプレッドの安い
業者を使ってトレードをする場合も、1つ1つの取引を大事にしていきましょう。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ