移動平均線とは


移動平均線はテクニカル指標の中でも基本中の基本、とてもよく出てくる
指標です。

5日、20日の移動平均、といったようにある一定期間のレートの平均を線にして
表したもの
です。

移動平均線は5日だけを単体で使うのではなく、いくつかの平均線を組み合わせて
使うのが一般的
です。

短期の移動平均線は5日を使い、中期は20日を使い、長期は100日を使う場合が
多いです。

とはいっても、中期を21日にしたりする人もいるので、何日を使わなければいけない、
という決まりはありません。

なのでここは人によって個人差の表れるところだと思います。

移動平均線の見方として有名なのは「ゴールデンクロス」と「デットクロス」
でしょうか。

短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜ければ、ゴールデン
クロス
で買いのサイン、逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を
上から下に抜ければ、デッドクロス
で売りのサイン、ということが言われます。

この考え方はとても有効です。

しかし、だましにあって、予想とは逆に相場が動き損切りをしてしまう場合もあるので、
だましを回避するためのテクニックを身につける必要があります。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ