レジスタンスラインとサポートラインの活用方法


ここでは、レジスタンスとサポートラインの引き方、有効な使い方について話していきます。

最初にレジスタンスをサポートがわからない、という場合、この記事を読むことをオススメします。

レジスタンス、サポートとは

たくさんのFX情報商材は、エントリータイミングや、損切り、利食いの仕方は書いてある場合が多いのですが、このようなすごくシンプルなレジスタンスやサポートの使い方が書いていない場合が多いです。

なので、ここでは、有効なFX情報商材の手法をより効果的に使いこなせるように、レジスタンスとサポートの活用方法を話します。

レジスタンスとサポートが入れかわる場面

正直レジスタンスとサポートに関してはこれだけおさえておけば大丈夫というくらい大事なのが、レジスタンスとサポートの入れかわりです。

具体的にチャートで見てみましょう。

2012-11-07_040024

このように、最初レジスタンスになっているところが、サポートに切り替わる部分、ここがかなり注目すべき点です。

このようにサポートに切り替わった場合、サポートで止められている部分はまた止められやすいポイントになります。

つまり、①のポイントでもう一度反発する可能性がある、ということが予想できます。

なので、ちょうど①の陰線が確定し、次の陽線がひげをつけてラインの中に戻ってきたところでエントリーできます。

このように、レジスタンスがサポートにかわる場面を注意してみていくだけで、エントリーポイントはかなり精度が上がりますよ。

逆に、サポートがレジスタンスになる場面も同様のことが言えるので、そのケースもしっかり頭に入れておいてください。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ