FXで利益を出す方法②~スワップポイント~


前回、FXでの稼ぎ方として、「為替差益」の話をしました。

まだ見ていない方はこちらからどうぞ。

⇒FXで利益を出す方法1~為替差益~

ここではFXのもう一つの稼ぎ方「スワップポイント」についての
話をしていきます。

まず「スワップポイント」の意味なのですが、「金利調整分」と呼ばれる
もので、取引を行う2国間の金利の差から得られる利益のことです。

どのように利益を得るかというと、日本のように低金利な通貨を売って、
金利の高いニュージーランドドルや、オーストラリアドルを買うことで
2国間の金利差を得ることができる
のです。

このスワップポイントは、金額こそ大きなものではないですが、基本的に毎日
もらうことができるので、魅力的な利益といえます。

毎日どのくらいもらえるの?

低金利の日本円を売って、金利の高いオーストラリアドルを買う場合を例にとって
1日どのくらいのスワップポイントがもらえるのか具体的に計算してみましょう。

現在オーストラリアドルが1ドル80円だとします。

1万通貨買うと、80万円になります。

また、日本円の金利が01%、オーストラリアドルの金利が3.5%なので、日本円を
売って、オーストラリアドルを買うと、3.5%-0.1%=3.4%(スワップポイント)となります。

この場合は計算は以下になります。

80万円×3.4%(金利差)=27200円

この金額は1年間でもらえるスワップポイントになります。

これを1日換算すると、27200÷365日=約75円となります。

つまり、オーストラリアドルを1万通貨で1日保有していると、1日75円のスワップポイントを
手にすることができるのです。

これがスワップポイントによる利益です。

今回は1万通貨で計算しましたが、もし10万通貨で保有した場合、1日あたり10倍の
750円がスワップポイントとして利益になることになります。

年間にすると27万円にもなります。

スワップポイントはいつももらえるとは限らない

もしかしたら、この話を聞いて、取引をする際にいつもスワップポイントが
もらえると勘違いしたかもしれません。

しかしそんなことはありません。

取引によっては逆にスワップポイントを支払わなければいけない場合もあるのです。

先ほどの例は、低金利の日本円を売って高金利のオーストラリアドルを買いましたが、
逆にオーストラリアドルを売って、日本円を買う場合、金利の差額分をあなたが
支払わなければいけない
のです。

また、長期で保有するとなったら、かなり損失も大きくなるので、長期保有をする際は
金利差には十分注意が必要です。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ