FXにおける4つの投資スタイル


ここではFXの投資スタイルをお話していきます。

FXの投資スタイルは大きく分けると以下の4つになります。

  1. デイトレード
  2. スキャルピングトレード
  3. スワップトレード
  4. スウィングトレード

まずはデイトレードとはどういった投資スタイルなのか、みていきましょう。

1.デイトレード

デイトレードとは、取引を1日単位で行う投資スタイルです。

つまり、1日に何度もトレードを行い次の日にポジションを持ち越しません。

デイトレードはだいたい数十分~数時間でトレードを行います。

デイトレードの特徴としては、短期間で取引を行うため、小さな利益を
少しずつ重ねていきます。

そのため、レバレッジを大きくして取引を行うのが普通です。

レバレッジを大きくすることが多いため、少しの値動きで利益を得ることが
できる反面、予想と反対に市場が動いた場合、損失も大きくなりがちです。

小さな利益をいかにたくさん積み上げて、損失をなるべく小さくするかが
デイトレードの勝敗を分けます。

2.スキャルピングトレード

スキャルピングトレードは、デイトレードより短い時間で取引を行う
投資スタイル
です。

時間にして数秒から数分で取引を行うのが、スキャルピングトレードです。

デイトレードよりも短期間での取引になるので、取引の際は画面に張り付いて
市場の動きを見ることになります。

スキャルピングトレードで注意しなければいけないのは、手数料やスプレッドです。

1日に何回も取引を行うので、手数料がかかる業者で取引を行うと、レートで見ると
利益が上がっているのに、手数料を入れるとそこまで利益が上がらない、という
ことにもなりかねません。

スキャルピングトレードを行う際には、このような細かい部分にもしっかりと注意を
向けなければいけません。

3.スワップトレード

スワップトレードは、その名の通りスワップポイント狙いで取引を行う
投資スタイル
です。

スワップトレードに向いている人は
ある程度資金に余裕がある人
為替が上がっても下がっても動揺しない忍耐力のある人
毎日忙しくてチャートを見ることが出来ない人
になります。

基本的にスワップトレードは中・長期的(数か月~1年以上)にポジションを
保有して、そこで発生するスワップポイントを狙う投資スタイルです。

なので為替レートが変動して、損失が出たとしてもそれに耐えられるだけの資本力が
必要になります。

もらえるスワップポイントは運用している通貨の量に比例するので、資本力が
あればあるほど毎日もらえるスワップポイントが大きくなるのです。

イメージとしては外貨預金をして利子をもらう、というのに近いかもしれません。

4.スウィングトレード

スウィングトレードは、数日から数週間という機関でポジションを保有する投資
スタイルになります。

スウィングトレードでは為替差益による利益と、スワップポイントによる
利益を同時に狙っていく
、というイメージです。

スワップポイントを狙うことから予想とは逆に為替レートが動いた際に耐えられる
だけの多少の資金の余裕が必要になります。

短期取引で為替差益だけを狙っていくデイトレード、スキャルピングトレード。

スワップポイントのみを狙っていくスワップトレード。

それに対してスウィングトレードは両者のいいところを取った投資スタイルだと
言うことが出来ます。

これらの投資スタイルは人によって向き不向きがあります。

デモトレードを行うことで、どのトレードが向いているか見極めるところから
始めましょう。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ