FXの黄金律 検証・評価・暴露6


■6月16日■

■通貨ペア■
ドル円
■検証結果■1時間足を使った手法
7戦6勝1敗(通算100pips)
今日の獲得pips…13pips

朝8時00分ドル円

はレンジの下限から上昇してきて上限にあたり、再度下降してくるのか、ここからMA反発して再上昇するか?
一度MAを下回って、MAにあたって再下降か?
レジスタンスラインを越えられず、MAが右に傾いてMA下
現在もみあってMAの上だが、目線はショート目線が基本戦略かなと・・
1本大きな陰線が出現するなら、下落方向へついていきたいそして・・こんな計画を立ててみました。


●ショート
現在MAの位置にあり、ここでショートにははいらない。
-2σがあがってきて、この2σを大きな陰線で抜けたら 次の戻りを待ってショートイン 長く持たないでローソク一本分だけ

●ロング
・MAで反発してレンジ上限を抜けたら、様子見
・-2σからの反発様子見
・一度上昇を試みて、落とされたところ再上昇してくるところを狙う

結果・・

最初のMA付近はショートだと踏んでいるならそこから入ればいいじゃないかと思ってしまうんですね。でもなぜかいつも反対へ動く、MA付近というのは勢力が拮抗しているところなのでエントリーは難しいと思っています。できるなら避けたい。

で、下落の勢いをはかって、どんな感じで-2σへ到達するのかが大事になります。
一度戻りを見せたところで、ショートのエントリー、なぜローソク足1本分くらいとしたかというとこの前の波が弱まってきているところに由来しています。
乗れば、そのまま下落を待ちたいけど、弱くなってきてるから早めに切り上げたい、そんな感じでした。

「FXの黄金律」はレンジを攻略する手法ともいえるかもしれません。ほとんどがレンジといわれるこの相場を攻略できれば、レンジですからね・・エントリーチャンスが次から次に来る感じですよね。トレンドが発生すればそのままのっていればいいだけだし。

我ながら事前計画がここまでキレイにあたるとは!「FXの黄金律」をベースに勉強をほんのちょっとだけすると、いろいろ見えてくることがありますね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ