FXをはじめる前に考えてほしいこと②


お待たせしました。前回の続きです。

では3つ目の理由に行きましょうか。

なぜFXで多額の損失を出すのか、3つ目の理由として考えられるのは、決めたルールを守れていない。

これもかなり大事です。

まずルールを守る、ということは守るルールがあることが前提ですね。あなたにはトレードをする際のルールがありますか。

例えば、ポジション量はどうするか、どうなったらエントリーするか、どうなったら損切りするか、どうなったら利食いするか、ざっとあげると、この4つですね。

もしノーなら、トレードをするのをやめてください。なんのルールも持たないままトレードをしても何の意味もありません。

目的地を決めずに海に出るようなものです。海図があって、目的地があるからトレードをするのであって、目的地がなければ餓死するだけです。

そんなトレードは今日でやめましょう。

ここのルールの決め方は後で動画で詳しく話をします。

で、話を少し戻しますが、ルールを守れないというのはどういうことかというと、例えば、ここまで来たら損切りをする、と決めているのにもかかわらず、損切りをしない、ということです。

これが損失を拡大させる原因になります。

よくあることですが、損切りすると決めていたポイントにきたが、もう少ししたら戻るだろう、という安易な考えを持ち、そのままどんどん引かされて、結局塩漬けになってしまう。損を確定するときは本来の損切りすると決めていたポイントを大幅に超えている、なんていうことがあります。

不思議なことなのですが、ちょっとしたら、少しは戻るだろう、と思っていると、どんどんと引かされていくんですよね。

やはり相場は僕らの都合なんて一切聞いてくれないわけですね。

このように、損切りポイントにもかかわらず損切りをしなければ、どんどん引かされて、結果的に大きな損失につながる、ということです。

以上3つ話しましたが、もっと最悪なのは、この3つのいくつか、もしくは全てが重なっている場合です。

一つでも大きな損失になりますが、いくつか重なったらその損失が倍、もしくはそれ以上に膨らみます。

「FXって本当に大損する場合があるんだ…やっぱりやめたほうがいいのかな…」こんなふうに思っていませんか。

僕はそんなことを伝えたくてこの話をしたわけではありませんよ。

もちろんこのように、FXは大きく損をする可能性を秘めています。しかし、それは誰にでも起こることではなく、上記3つの点をおろそかにした人に起こるのです。

つまり、逆に言えば、上記3つをしっかり理解し、実践できれば大損する可能性はぐっと減る、ということです。

特に2つ目と3つ目に関してはその仕組みを理解して自分のトレードに取り入れるだけなので、とても簡単です。1つ目のトレードスタイルに関しては、あまりリスクと取りたくなければ、はじめのうちは短期売買にのみ集中すれば解決できますよね。

大損する原因がわかれば、その解決策を探して自分のトレードに取り入れるだけなのです。そうすれば、何も怖がることはありません。自分のことを信じて思う存分トレードの経験値を増やしていけばいいのです。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ