FXで勝つために必要な考え方


ではここからはFXで勝つために必要な考え方について話をしていこうと思います。

最初に考えてほしいのですが、「FXで勝つ」とはどういうことですか。

50pipsで利食ったら勝ちですか、30pipsの損切りをしたらそれは負けたことになるのですか。

「FXで勝つ」ということはこのようなことを指すのではなく、言い換えるなら『FXで継続的に勝ち続ける』ことですよね。

FXをする限り、勝ち続けなければいけません。いけない、というか、勝ち続けることができなければそれはつまり資金を失いFXという土俵から退場することを意味するからです。

つまり、勝ち続けるためにどうすればいいのかを考える必要があります。

まず最初に大前提として絶対的な経験値が必要ですよね。これは感覚としてわかっていただけるのではないかと思います。

野球を例に考えると、試合で活躍するためには、練習試合、公式試合をたくさん経験し、チームでの練習もがんばる、というのが必要ですよね。

トレードにおいて経験値をつむということは、デモトレードもして、リアルトレードもする、ということを指します。

で、効率よく経験値を高めるなら、僕はリアルトレードが手っ取り早い方法だと思っています。なぜなら、人間というのは痛みを伴わないと、そこから何も学ばないからです。

中学校のときを思い出してほしいのですが、すごく印象に残っていて今でも覚えている数学の公式、英語の単語ってありませんか。

僕にはいくつかあるのですが、そういうのって、何で何年たっても覚えているのか考えてみたことありますか。

僕はその答えは、「ドキッとしたか、してないか」だと思っています。

この「ドキッとする」というのは何でもいいんです。よく言われることに、みんなの前で発表したときに間違えたことはしっかり記憶に残る」ということがあります。

授業中に先生に指されて、クラスのみんなが注目している中、発表をしなければいけない(ドキドキ)。そして、あまり自身はなかったが答えを言った。

そして先生からは「違います」といわれる。

このときの気持ちってどんな感じですか。めちゃめちゃドキドキしてませんか。

「うわー、めっちゃ緊張して、がんばっていったけど間違えちゃったー、恥ずかしーー」ってなりますよね。

これが「ドキッとする」ことです。

あなたも経験があると思います。

トレードの場合、このような「ドキッとする経験」はポジション保有、損切り、利食いをしたときに起こります。

FXを初めてポジションを持つ場合、それだけで心臓はバクバクします。ドッキドキの状態ですね。

さらに相場が思惑の方向にぐんぐん伸びている最中もドキドキですし、逆に思惑と反対に行く場合もドキドキです。

このドキドキ感を経験して、なれていってほしいのです。

さらに、損切りが何回か続くとどんな気持ちになるのか、そのときどのような対処法をとったらいいのか、逆に利食いが続いたときに気をつけなければいけないこと、をそれぞれあなたの実際の経験としてつんでほしいのです。

ただし、このようなドキドキする経験をする際に注意してほしいことがあります。それは、ドキドキしたら、そのトレードを振り返る、反省する、ということです。

「あーこのトレードでもドキドキした、でも結果的に利益になってよかったー」このようなトレードを繰り返している限り、いつまでたってもFXで勝てるようにはなりません。

なぜなら、僕は経験値をためるには、「実践(ドキドキ)→振り返り、反省→次のトレードではどんなことに注意するべきかを考える→実践…」の繰り返しが必要だと思っているからです。

普通経験値を上げるためには、振り返りと反省が大事だと考えられているように思います。

だからデモトレードを勧める人が多いのではないでしょうか。ただ僕は「ドキドキする経験」というのは経験値を積む上ではずしてはいけないと思っています。

だって、いくら振り返りをしても、反省をしても、ドキドキする経験が伴わなければ、それは記憶に残りにくいからです。

痛い目を見ると、そのときのエントリー、チャートがどのような形状をしていたか、どうしてエントリーしたのか、その辺のことを鮮明に覚えているのです。

なぜ鮮明に覚えているか、というとそれは痛みというドキドキが伴っているから。

あなたはエントリーするときに、わざわざ今までのトレード日誌を広げて、一つ一つのエントリーを見て、今エントリーすべきかすべきではないか、という判断をしますか。

そんなことをやっていたら、自分がエントリーしようと思ったエントリーポイントは過ぎ去ってしまいますよね。

つまり、振り返ったこと、反省したこと、負けたときどんなチャートだったか、どんな理由でエントリーしたのか、ということは全てでなくとも、ある程度は覚えておく必要があるのです。

あなたの頭の中で「あーでもない、こーでもない」と考えたことは、ドキドキする体験によってあなたの血となり肉となるのです。

そしてこれが経験値だと思っています。

少し話が脱線しましたが、まずは経験値を貯めましょう。

で、もう少し話を戻しますが、「FXで勝ち続けるために必要な考え方」ですね。ずいぶん話が広がってしまったようですが、ぐっと戻します。

勝ち続けるためには才能ではなく、経験値が必要になります。

経験値をつむために最も効率的なのはリアルトレードをすることだと説明しました。ただし、リアルトレードをして経験値を積む段階で資金を飛ばしてしまったら本末転倒。

勝ち続けるために必要なものはなんでしょうか。

勝率が高い手法を取り入れることですか。

これはもちろん大事なことなのですが、ここでは少し違う視点から見ていきます。

ほとんどの人は、「FXで勝ち続けるためには…」ということを考えると、「勝つために」何が必要か、ということばかりを考えます。

だから自然と勝てる手法にばかり目がいってしまうのです。

しかし、ほとんどの場合そこに答えはありません。

じゃあ「FXで勝ち続けるため」にはどうしたらいいか。

答えは簡単です。

負けないこと」です。

勝つことなんて考えなくていいんです。負けないようにするためにどうしたらいいか、ここを本気になって考え、その通りに実践すればいいのです。

勝とう勝とうと思うから、損切りは悪いこと(失敗)となるのです。

そして結果的に塩漬けになってどんどん引かされていく、もしくはナンピンして損を確定するときには莫大な損失になっている。

極端なことをいえば、勝つことを考えちゃダメです。

負けないことを全力で考えるのです。そうすれば負けないのだから、自然とイーブンか、勝ちになるんですよ。

最初は負けないようにしてもイーブンか少しの負けを抱えるかもしれません。

しかし、勝とうと考えてトレードをすると、勝てるときはあるでしょう。しかし損失も同時に大きくなるのです。

そうすると勝つことを考えているので結果的に損失が大きくなってしまいます。

これはFXを始めたばかりの人が資金を飛ばす方程式といってもいいでしょう。

まとめるとこんな感じです。

「FXで勝たないといけないという考え」+「勝つ手法にばかり目が行く」=大損

これだけは避けましょうね。

負けないために具体的にどのようなことに注意してトレードをしたらいいのか、という話は補足動画でじっくりしていきますので、楽しみにしていてください。

ここでは、勝とう勝とう、と思うのではなく、いかにして負けないようにするか、に注意を向ける、ということをおさえておいてください。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ