ライントレードスキャルピングは稼げる?詐欺?

今回は、ライントレードスキャルピングという教材について。

この教材、名前からわかる通り、スキャルピングの教材です。

ボリンジャーバンドとZIGZAG、移動平均線を使ったトレード手法です。

また、ラインも結構使います。

以上のことからわかると思いますが、簡単に身につけるのは結構難しいです。

手法自体シンプルか、と言われると、ちょっとシンプルとは言い難いですね。

というのも、使うインジケーターが多くなると使いかたをしっかり理解して、使いこなせるようにならなければいけないので、時間がかかります。

また、複数のインジケーターを同時に分析する必要があるので、慣れるのにも時間がかかります。

ライントレードスキャルピングはかなりじっくり時間をかけて身につけるトレード手法です。

なので、買って来週には勝てるようになる、なんてことを考えて買うのはちょっと違います。

そのくらいシンプルにトレードできる教材もありますが、ライントレードスキャルピングは違います。

また、この教材、メインはラインを使うことなので、ラインを使いこなせるかどうかが勝てるかどうかの鍵になります。

私は長いトレード生活のなかで、ラインの重要性を理解しているつもりですが、このラインというのは厄介なものなんですね。

というのも、ラインはひとそれぞれ引き方が異なります。

日足や4時間足のチャートなら、同じところにラインをひけることはありますが、それが5分足や15分足の短期足になると、同じところにラインを引くのは難しくなります。

つまり、ラインをメインにしたトレードスタイルの場合、ラインがきちんと引けるかが勝敗を左右しますが、短期足になるとラインを引くのが途端に難しくなります。

そこで、もしこれからトレードを始めようと思っているの出れば、あなたがFX初心者であれば、FXの情報商材のなかでも、ラインを使わないトレードスタイルのものをお勧めします。

ただ、ラインを引くことは、これからFXのトレード人生のなかで勝つためにはある程度必要なことなので、徐々に身につける、という感じで考えたほうがいいです。

最初からラインをメインにすると、難しくいつまでたっても勝てずに、FXで勝つことを諦めてしまいます。

そうならないためにも、ライントレードスキャルピングのような教材よりも、ラインを使わないトレード手法を採用している、スキャルピングのFX情報商材をお勧めします。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

タグ

このページの先頭へ