レジスタンスラインとサポートラインの活用方法

ここでは、レジスタンスとサポートラインの引き方、有効な使い方について話していきます。

最初にレジスタンスをサポートがわからない、という場合、この記事を読むことをオススメします。

レジスタンス、サポートとは

たくさんのFX情報商材は、エントリータイミングや、損切り、利食いの仕方は書いてある場合が多いのですが、このようなすごくシンプルなレジスタンスやサポートの使い方が書いていない場合が多いです。

なので、ここでは、有効なFX情報商材の手法をより効果的に使いこなせるように、レジスタンスとサポートの活用方法を話します。

レジスタンスとサポートが入れかわる場面

正直レジスタンスとサポートに関してはこれだけおさえておけば大丈夫というくらい大事なのが、レジスタンスとサポートの入れかわりです。

具体的にチャートで見てみましょう。

2012-11-07_040024

このように、最初レジスタンスになっているところが、サポートに切り替わる部分、ここがかなり注目すべき点です。

このようにサポートに切り替わった場合、サポートで止められている部分はまた止められやすいポイントになります。

つまり、①のポイントでもう一度反発する可能性がある、ということが予想できます。

なので、ちょうど①の陰線が確定し、次の陽線がひげをつけてラインの中に戻ってきたところでエントリーできます。

このように、レジスタンスがサポートにかわる場面を注意してみていくだけで、エントリーポイントはかなり精度が上がりますよ。

逆に、サポートがレジスタンスになる場面も同様のことが言えるので、そのケースもしっかり頭に入れておいてください。

タグ


順張り、逆張りとは

ここでは順張りと逆張りについて話していきます。

トレード手法の説明をするときに、「順張りの手法」や「逆張りの手法」という言い方をします。

順張りと逆張りをそれぞれ見ていきましょう。

順張りとは

順張りとは、今出ているトレンド、相場の流れ、方向性に沿ってエントリーすることを言います。

じゅんばり

この場合、上昇トレンドが形成されていますね。

上昇トレンドで、トレンドに逆らわずにエントリーすることを順張りといいます。

逆張りとは

逆張りとはトレンドに逆らってエントリーすることを言います。

具体的に図で見てみましょう。

無題

ここに書いたトレンドは全体で見ると上昇トレンドです。

しかし、赤い矢印の部分は一時的に下降していますよね。

下降している状況で、これから反転して上昇するだろう、と予想して現在のトレンドとは反対の方向にエントリーするのが逆張です。

順張りでエントリーすると、取れる利益は小さくなりますが、トレンドが発生してからのエントリーになるので、勝率は高いです。

一方、逆張りでエントリーをするとトレンドの始まりから利益が取れるので、順張りのエントリーよりも大きな利益が取れます。

その代わり勝率は下がります。

トレンドが発生する前から相場が逆転することを予想してエントリーするため、だましにあう確率が高くなります。

順張り、逆張りについては、どちらが良くてどちらがダメ、ということはありません。

たくさんあるFX情報商材では、順張りの手法のものがあれば、逆張りの手法のものもあります。

なので、あなたにとってどちらの手法が合っているかが大事なポイントです。

ちなみに私は順張りをメインにトレードを行います。

しかし、反転するのがあきらかだと判断できる場合は逆張りでエントリーするケースもあります。

言ってしまえば、どちらも使えるので、そのときの状況にあわせて使うものを分けます。

あなたも、まずは順張りか逆張りのどちらか自分にあったトレード方法を身につけることをオススメします。

タグ


このページの先頭へ