恋スキャFXで重要なレジスタンスを背に逆張りエントリー

今回は恋スキャFXを使ったエントリー場面を紹介していきます。

ちょうど1時間足でレジスタンスになっているところまで15分足できたので、そこから思い切って逆張りを仕掛けた場面です。

まず、1時間足を見てみましょう。

1

この場面、相場はダウントレンドで、ここからさらに下落するか、という場面。

恋スキャFXのロジックでは、基本的に順張りではなく、逆張りがメインです。

逆張りの場合、背中に重要なレジスタンスもしくはサポートラインがあることがエントリーする上でとても重要な根拠になります。

もし、重要なラインが何もない状態で逆張りをすると、もちろん勝てることもありますが、勝率はそこまで高く有ありません。

そこで、勝率を高く逆張りをするためにも、今回の場面のような重要なラインが背中にある状態で、そのラインに近づいたところで恋スキャFXのロジックを使ってエントリーするのが、抜群に相性がいいです。

エントリーした15分足を見てみましょう。

2

きれいに+2σまで上昇して、ヒゲで戻していますね。

ここがヒゲで、上昇しきれずに戻って来る途中でエントリーです。

目標はミドルバンド付近なので、今回は15pipsほどの利益です。

そこまで大きなpipsを取れるわけではありませんが、今回のように、狙って逆張りすることができれば、10分くらいでこのくらいの利益はあげられます。

恋スキャFXのロジックはエントリータイミングを取るためのものなので、それ以上に、エントリーを決めるまでが大事です。

恋スキャFXにどういう風にライントレードを絡ませていけばいいのか、そのあたりは特典レポートにまとめましたので、恋スキャFXと一緒に勉強して身につけてください。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

タグ

このページの先頭へ