イージートレードFXのシンプルなエントリー&利食いの方法


今日はイージートレードFXのシンプルなエントリー方法とエグジット方法の仕方を紹介します。

当サイトでオススメしている恋スキャFXやトレンドハンターFXと比べてどんな違いがあるかも話していきますね。

イージートレードFXのエントリー方法

まず、エントリーの時チャートを見ている必要があるか、ですが、イージートレードFXのロジックに従い、サインツールを使えば、エントリーはほぼ自動的に行われます。

もちろんエントリーの注文を事前に出しておくことが前提です。

具体的な流れとしては、
①サインツールが点灯したことを確認する
②サインツールに従ってエントリーする値段を決め、注文を事前に入れておく

この2つのステップだけです。あとはほったらかしで問題ありません。

チャートを見る回数も、最低限に抑えたいと思ったら、サインツールの点灯を確認するだけです。

チャートを見てサインツールが点灯していればエントリーの注文を予約するかを決めます。エントリーの注文を事前に入れてしまったら、あとは勝手にトレードしてくれますので、チャートを見る必要はありません。

無駄にチャートを見ると、不安になってしまうこともあるので、いつも不安でチャートを見ちゃう、という人には合っているかもしれませんね。

なぜイージートレードFXではこのように、ほとんどほったらかしでトレードすることができるのか?

恋スキャFXやトレンドハンターFXはサインツールを使っても最後は成り行きでエントリーしなければいけないことが多いです。

それは恋スキャFX、トレンドハンターFXなどほとんどのFX情報商材はサインツールが点灯するタイミングがそのままエントリータイミングだからです。

サインツールの点灯を確認したタイミングでエントリーしなければいけないということは、チャートをある程度の時間見る必要があります。

もし、サインツールの点灯をメールで知らせることにしても、メールでサインのお知らせが来たタイミングでチャートを開かなければエントリーの判断はできないので、いずれにしてもチャートを見る時間が必要です。

しかし、イージートレードはサインツールが点灯してエントリーするまでに時間の余裕があります。この時間の余裕が予約注文を入れる時間を作ってくれるのです。

このように、サインツールの作りに明確な違いがあるので、イージートレードFXはサインを確認してからある程度時間に余裕を持って注文することができます。

これはとても便利ですね。

1時間足を15分足のチャートを使ったトレードでも、サイン点灯からエントリーまで4〜5時間の余裕はあります。

詳しくはこちらに書きました。

イージートレードFXのサインツールがかなり便利

で、利食いについても単純で、私は基本的に予約で決済注文も入れてしまっています。

そうすることで、エントリーも決済も半自動で行うことができます。

イージートレードFXには今話したエントリー、利食いに必要なサインツールが全て無料で付いてきます。

教材を買って、さらにサインツールを買う必要はありません。教材を買ってしまえば必要なものは全て揃います。

イージートレードFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ