FXの黄金律 検証・評価・暴露4


■6月10日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■1時間足を使った手法
5戦3勝1敗(51pips)
今日の獲得pips…12pips

朝9時00分ドル円
週足は上昇5波後の調整波中で方向性がありません。
日足は下落トレンド後の上昇トレンドだったが日足のレンジ圏内を突破しきれずうだうだしています。
4時間足は上昇波での第5波にあたるのだけど、どうなるのかまだ現時点では、方向性がわかりません。
上昇第5波が上に抜けていくのか、レンジなのか、下落してしまうのかどうなるかというところです。
この上昇第5波に合わせた方が可能性があると判断しつつ・・1時間足を見ていきました。

そして・・こんな計画を立ててみました。

<計画>
●ロング 4Hフィボナッチの50%付近 102.470付近までBB-2σがせりあがり
    一度MAで反発して落ちたタイミングで
    もしくは高値切り下げラインを抜けたタイミングでエントリーする

●ショート このまま一度+2σで反発してMAを越えられず-2σを突破してきたら
※このチャートでは画面が見にくくなるため、フィボナッチリトレースメントを表示させていません。4時間足の高値から安値まで引いています。

結果・・

あの後、ずっ~と下げてきて-2σを割って(上がっていくイメージだったのに結果予想は外れました)
-2σ付近で一度止まりました。
で、ここでロングも可能なのですが、今までの経験から上がるとみせかけて下がる可能性もあるので、充分に引きつけたかったので、ここでは様子を伺っていました。
もう一度下がってきたところでロングのエントリー。
まだ下げの勢いがありそうだったので、MAを少し抜けたところで利確

FXの黄金律の1時間足手法のエントリーに徹していれば、午前に-2σを割ったところでエントリーが可能だったこと、さらにその反発も1時間足の動きを注意深く見ていけばエントリーできました(単純に+2σまでではないけど)。
チャレンジングに攻めるなら、この日はエントリーのチャンスが3回得られるかもしれなかったことです。
チャートの前にどのくらい集中力を傾けることができるかを、前もって理解しておけば、
FXの黄金律の活用方法はいくらでも広げていけますね。
ただ、結果的にしっかり取れましたので、満足満足。

黄金律のFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ