FXの黄金律 検証・評価・暴露8


■6月23日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■1時間足を使った手法
9戦7勝2敗(通算99pips)
今日の獲得pips… 9pips

朝8時00分ドル円

●週足は レンジ上限から下げてきて下限で現在MAの下
●日足は レンジ下限で反発して上昇するも現在MAの下
●4時間足 方向性つかめず
●1時間足 長期足での方向感がなくて、短期足でもわからない状態

全体的に長期足も短期足も方向性が見えなくて、狙いが絞りにくいです。
どちらへ動いてもおかしくない状況なので、ここは大きく傾く方向へついていくことをしっかり肝に銘じてチャートを追いたいなと。

<計画>
●ロング MAで反発し高値まで上昇、そこから押し目をつくっての上昇でエントリー
     MAを一度下回るが、直近高値あたりで反発上昇でエントリー
     直近高値ラインを下回るが-2σ付近でためをつくって反発上昇でエントリー
●ショート MAで反発し高値まで上昇、+2σあたりでエントリー
      MAを一度下回り、MAを上抜けできず下落でエントリー
      -2σを勢いよく抜けたら戻りのタイミングでエントリー

結果・・

このパターンでもない、このパターンでもない・・と可能性の転会が絞られてくる
その中で見送るのか、乗るのか、どこでどう判断すればいいか
刻一刻と状況が変化していくので難しくもあり、面白くもありました。
結果的には-2σあたりでローソク足の勢いが消えてきたのを見はからってロングのエントリー。気持ちではMAを少し抜けたところまでと踏んでいました。で、翌朝9.5pipsで利確していました。
今回のように、相場の方向性が見えない時は、時間経過によって目まぐるしくエントリーの可能性とポイントが変わります。このときFXの黄金律でのエントリーポイントを身につけておくことで、重要なエントリーの根拠を得ることができたので良かったです。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ