FXの黄金律 検証・評価・暴露9


■6月26日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■1時間足を使った手法
10戦8勝2敗(通算114pips)
今日の獲得pips… 15pips

朝8時00分ドル円

●週足は レンジ上限から落ちてきて現在MAの下
●日足は ここ2週間ほど続くレンジ下限あたりでMAの下
●4時間足 だらだらと平行になった、やはりこれもレンジ。
一度 -3σを越えたものの反発
●1時間足 同じくMA下 一度 -3σを越えたものの反発

ずっとMAを越えられずにいるからどこかでドーンと下げてきそうな気配
ショート 101.720付近の-2σを大きな陰線で越えて行けば戻りをまってショートエントリーしたい。


●ショート 101.720付近の-2σを大きな陰線で越えて行けば戻りをまって
ショートエントリー

●ロング 101.720付近の-2σで大きな陰線がでなければ反発を狙ってロングエントリー
反発してきてMAを大きな陽線をつければ押し目を待ってMA反発でロングエントリー

結果・・

ずっとMAを下回っていたので、どこかで大きく落ちるな~と期待していました。
ただ落ちたのか落ちていないのかの判断・見極めっていうのはやはり難しく
-2σをどのように抜けていくのかというのがエントリーのための「スイッチ」になります。
でエントリーの見極めの指標になります。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ