FXの黄金律 検証・評価・暴露13


■7月10日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■1時間を使った手法
11戦9勝2敗(通算139pips)
今日の獲得pips… 25pips

朝9時00分ドル円

●週足:サポートライン101.276で反発上昇 陰線になった MA下
●日足:サポートライン101.276で反発上昇 +2σ手前で陰線から陽線 そして?
●4時間足:一度は上昇を見せたものの、昨日深夜の経済指標でMA反発下落
●1時間足:一度は上昇を見せたものの、昨日深夜の経済指標で+2σ反発大きな陰線つけて下落 そこから現在はもみあい。
●5分足:今回は大きな陰線が手前に出ているのでショート狙いをしたいので逆張りは難しいと判断

5分足でのエントリーの検証をと考えていましたが、これはどう見てもサポートラインまで下落だろうと思いました。なので逆張りはエントリータイミングが難しく、せっかくの機会をみすみす逃してしまいますので、ここはショートで1時間足順張りロジックで攻めます。

<計画>
1時間足で-2σを割ったところを目印にタイミングをはかってショートエントリー。
もしも5分足で逆張りを考えるなら、一度落ちきった後でサポートライン付近の揉みあいを抜いていくという方法も考えられる。

結果・・

うまく戻りのタイミングに乗ってエントリーできました。利確目標まで少し時間がかかりましたけど、獲得したのは25pips。

ちなみに↑がその時の5分足チャートです。やはり下落しているので入るチャンスがありませんでした。
ここは相場の環境をまず把握して、に言われるロジックのどれを選択していくのかが大事になってきます。1つの手法にしがみついていては、せっかくとれる相場でとることができない、つまり同じ時間をかけたのに【利益0】ということもありうるのです。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ