FXの黄金律 検証・評価・暴露16


■7月21日■

■通貨ペア■
ドル円
■検証結果■

5分足を使った手法
5戦4勝0敗(通算57pips)※一回はエントリーできず
今日の獲得pips… 11pips

朝8時00分ドル円

●週足は サポートライン101.276付近 上下同じ幅のヒゲをつけた短いローソク足  MAの下
●日足は サポートライン101.276を一度-2σまで落としていたが、週末上昇してサポートラインを再び越えた MAの下
●4時間足は MAの下 サポートライン101.276付近で、ここ7本ほど短いローソク足 が続く
●1時間足は サポートライン101.276を一度上抜け、上昇するかと思われたが、勢いなく、現在MAと重なってきた。

先週末のトレードでサポートライン付近でもみ合いそうだと考えていました。
しばらくこのもみ合いが続くだろうと想定して5分足のエントリー。

●5分足 ロング狙い。上昇への勢いがないものの、サポートラインが強いとみて、下から上へエントリーをする。今はMAの上にあるが、サポートライン付近、-2σ付近までしっかり待ってロングエントリーだけ狙いたい。
ただし大きく下げてサポートラインも大陰線で抜けたら、1時間足へ切り替える

●1時間足
ロング 下から上だけを狙いたい。ボリバン横ばい収束から-2σからロング
大きな陽線で+2σを越えたら、戻りを待って(このタイミング難しい)ロングエントリー
ショート サポートラインも-2σも大陰線で抜けたら、ショートを考える
だましもありえるので利確は早めに

結果・・

サポートラインを割り込むことは想定していて、そこからどのタイミングでロングへ入るか・・つまりレンジになるか・・つまりもみあうのか。それはの5分足ロジックを見てください。ロジックを真似るだけでは難しいかもしれないけど、ロジックを知らなければ一歩を踏み出すことなく、グルグルと同じところを回っていたかもしれないと思います。

今回は、朝に計画を立てておいて、新幹線の中でトレードしました。
実際にロングエントリーする少し前のチャートスクリーンショットです。しっかりロジックに基づいたトレードプランが立てられると移動中のスマホでトレードというのも可能になります。

チャートは15日の朝に撮ったものです。
結果は、14日の午前中に-2σから+2σまでで5pips
夕方に-2σでエントリーして上昇して13pipsを獲得できました。

ちなみに獲得したローソク足5分足チャートが1時間足でどこになるかをお知らせするために1時間足チャートも掲載しておきます。

FXの黄金律の5分足のロジックを使えばもみ合ってボラが小さい相場でも今回のように獲得pipsを積み上げることができます。5pips・3pips時には建値決済ということも頻繁にあると思われますが、もくもくとエントリーとエキジットを繰り返すことです。そうすれば今回のように大き目にとることもできるタイミングがあるのです。

FXの黄金律の詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ