FXの黄金律 検証・評価・暴露17


■7月24日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■
5分足を使った手法
6戦5勝0敗(通算81pips)※一回はエントリーできず
今日の獲得pips…24pips

朝9時00分ドル円

●週足はサポートラインで反発し小幅な上昇。MAの下、サポートライン付近
●日足はサポートラインで反発し上昇。MAで再度下落し、またラインで反発してきた MAの下付近
●4時間足は同じくサポートラインで反発し上昇。現在MAの上で停滞
●1時間足は同じくサポートラインで反発(-2σ反発)し上昇。MAの上。

ちょっとどの時間足でみても動きがなく方向感がない。
ボリンジャーバンドも収束しているわけでもないので次のエクスパンドもよくわからない感じ・・こういうときは動きがでるのを待ちたい。
もし狙うなら5分足で短くせめるのがいい。

●5分足:ロング狙い。-2σから+2σへを基本に、今回は+2σから-2σへも狙っていく

●並行して1時間足で見るならば・・
ロング・ショート:大きな足がでたらチャンスを狙う
基本は下から上への目線

結果・・

短いローソク足で、上下しながらのレンジが続きました。この中でもトータルで24pipsを獲得出来た。
ところで1時間足チャートでは上昇がスタートしたところでエントリー条件がそろわなかったので、ここは見送り。

じゃあ1時間足ではこの大きな上昇を狙えないのかというというと、そんなことはなく、私は今回、前半で充分とれたので追いませんでしたが、1時間足手法にはそのへんも書かれてあります。
そして前半部のようなボラティリティが少ないところでもエントリーで機能する。それが5分足手法です。

チャートは15日の朝に撮ったものです。
結果は、14日の午前中に-2σから+2σまでで5pips
夕方に-2σでエントリーして上昇して13pipsを獲得できました。

ちなみに獲得したローソク足5分足チャートが1時間足でどこになるかをお知らせするために1時間足チャートも掲載しておきます。

で学んだ5分足のテクニックを使えばもみ合ってボラが小さい相場でも獲得pipsを積み上げることができます。5pips・3pips時には建値決済ということも頻繁にあると思われますが、もくもくとエントリーとエキジットを繰り返すことです。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ