FXの黄金律 検証・評価・暴露19


■7月31日~8月1日■

■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■1時間を使った手法
14戦11勝3敗(通算170pips)
今日の獲得pips… 17pips

朝8時00分ドル円
●週頭のMAの真下から一気に上昇、上部に引いたレジスタンスライン103.200に接近
●日足:ここ9本陽線が続き、昨日の大きな陽線の翌日、陽線でスタート
●4時間足:レジスタンスライン103.200手前で反発して下落
●1時間足:レジスタンスライン103.200手前で反発下落後の陽線が出る
判断が少し難しいですね。
レジスタンスラインにはっきりタッチするのか、このままレンジなのか、レジスタンスラインが機能してここからいったん下落なのか・・。時間帯としてもまずはレンジへはいると考えられますから1時間足で図のような予想をたてていました。
ただ、下から上へなのか、上から下へなのか。

結果・・

まぁ描いていた通りの動きになりました。
前日に大きく上昇した後だったので、迷いましたが、下から上が定石かとロングに絞り込みました。で、イメージが図のように描けていれば頭の中にラインが描けると思います。
後はロングエントリーのタイミングをはかるのみ。
+2σを抜けたところで利確して+17pipsでした。

1時間足ロジックで追っかけていました。これまで何度も反復してきたかいがあって、実際のチャートには描けていないラインが頭の中にですいすい描くことができますね。これが描けているようになるとスマホでチャートを持ち出してもブレなくエントリーができるようになると思います。実際、私はスマホでも確認していましたが、小さな画面なので見にくいはずなのにリアルに読むことができます。どの教材にもいえることですが、相場がどのように動きそうか、というのをイメージして見るのは重要なことですね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ