FXの黄金律 検証・評価・暴露20


■8月4日~8月5日■
■通貨ペア■
ドル円
■検証結果■1時間を使った手法
15戦11勝3敗1エントリーなし(通算170pips)
今日の獲得pips… 0pips

朝7時30分ドル円
●週足:先週大きく上昇したものの、今年1月26日から形成しているレンジの上限103,200付近がレジスタンスになり下落してきたところ
●日足:レンジ下限101.345付近から陽線が続いて上昇したが、102.990あたりで3本つづき止められて下落
●4時間足:4時間足でのレンジ102.990あたりで3本下落 一度大きな陰線で下落し、そこから陽線をつけたがMAでとめられた
●1時間足:1時間足でのレンジ102.990あたりで5本下落 戻しの短い陽線が続きレンジになるかMAの下 

<計画>
週末に経済指標を受けて大きく下落しました。
下落が大きく、戻しも小さいので、下落の勢い継続とみたいところ。 

結果・・

大きく下落しましたからね。やはりショートの方が狙いやすいというのはすぐわかると思います。
でも結果的には、1時間足ロジックでの条件がそろわずに収束していってしまいました。
1日ずっとはりついていたんですが・・ノーチャンスでした。
こういうときは無理にエントリーするよりも、じっと待っていた方が良いですね。
ただショート目線と目線がかたまっていたし、もみ合う=レンジがどういう形状になるかは予想はつくので、そこまでずっと見続ける感じではありませんでしたが。
一つの判断基準としてボリンジャーバンドの拡大などを見ますが、結局起きたことを後付けで表示させているのがインジケーターなので、あまり頼りすぎるのは良くないですね。
あくまでも、一つの目安として。

自分の実際のトレードを基に1時間足ロジックを検証しています。
今回はエントリーチャンスがなかったわけですが、自分のトレードを振り返って負け数が減っていることを改めて実感しました。1つでいいから基本となるロジックが固まるとそこから応用が広がっていくということがわかる今回のエントリー検証でした。
まずは自分の背骨になる基本ロジックを身につけることが何よりも重要ですね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ