FXの黄金律はマルチタイムフレームでチャートを追う方法を教えてくれる〜混乱しないマルチタイムフレーム〜


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■<FXの黄金律>5分足を使った手法
9戦8勝0敗(通算73pips)※一回はエントリーできず
今日の獲得pips… 15pips

朝7時30分ドル円
●週足:MAの上から陽線がはっきりしてきた
●日足:この5本が続けて陽線のローソク足 MAの上
●4時間足:チャートはMAの上 MAは傾きが上へ変わっている
●1時間足:昨日大きな陽線が出た後、経済指標で同規模の陰線がでたが再度上昇

0814-1

0814-2

●計画:
経済指標で大きな陰線がでたものの、下落しきれず、再度上昇をしたので直近安値をわりこまないことによってダウの上昇継続と判断。
ロングで入れるロジックの発動を1時間足と5分足のマルチタイムフレームで探していく
現在は5分足チャートのボリンジャーバンドが収束しているので、次の拡大のタイミングを見計らう

●結果:
0814-3

1時間足ではエントリーするポイントが見つからなかったが、5分足ではロジックが機能しました。

0814-4

Aのポイントでロングエントリーをしました。15pipsを獲得。
その後はボラティリティが収束してしまい、欧州時間の開始ごろに今度は下落しはじめました。上昇でエントリーポイントを探っていましたから、Bのポイントでロングエントリーしてしまう可能性があり、その時はロスカットになってしまいます。

<FXの黄金律 5分足ロジック>ではロスカットの場合の判断のしかたも解説がありますから充分に身につけてほしいと思います。

私はこのBポイントはエントリーを避けました。それには理由がありますが、いずれ検証結果をまとめた形でお知らせできればと思います。

さて、今回はマルチタイムフレームのことについてです。1つのロジックを身につけることで精一杯の時は2つのロジックを追いかけるのは難しいかもしれないですね。でも諦めないでひとつひとつ身につけてください。1度に理解しようとせず、多少混乱することがあるかもしれないが、どんどんロジックは吸収してほしいと思うのです。

昨日紹介したチャートでもそうでしたが、上昇、上昇となっている相場では長期足だけを追っているとエントリーするきっかけが見つからないことが多いからです。ただ目の前で予想通り上昇していくのを指をくわえてみているだけということになりかねません。

そういう意味でも<FXの黄金律>で紹介されている1時間足ロジックと5分足ロジックは是非身につけていただきたいと思うのです。

0814-5

<FXの黄金律>には1時間足を使ったロジックと5分足を使ったロジックが紹介されています。どちらが有効なのかそれは目で追っていかなければわかりません。

1時間足チャートと5分足チャートを交互に観察(※もしくは並列させて)してロジックの発動ポイントを探していきます。結果的には1時間足ではエントリーなし、でも5分足では2度ありましたから、マルチタイムフレームで相場を観察出来るようになると認識出来るチャンスも増えます。

午前10時-3σからの-2σそのローソク足で見極めてのロングエントリーで反対側利確で+5pips。
そして夕方6時ごろにまた同じ形状が発現してのロングエントリーでこちらは波に乗れましたね、20pipsを獲得することができました。

この発動ポイントの判断については<FXの黄金律>でしっかり身につけて欲しいです。
<FXの黄金律>はボリンジャーバンドを使いますが、その基本はローソク足の動きでのエントリーです。どんなインジケーターよりも最速の目安であるローソク足を使うので、さまざまな局面においてこの判断ロジックが応用できます。

トレードの方向性も理解できている、トレードロジックもOK、でも今、目の前のチャートがそのロジック通りにうごいていない!何を判断基準にすればいいのか不安だ、こんな場合、この<5分足ロジック>を身につけておけば、いざというときの最終判断の助けをしてくれるはず。
私自身、他の教材のロジックにおいても判断に迷う時はこれを使っています。

FXの黄金律の詳しいレビューはこちら

FXの黄金律のリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ