方向性が見えればFXの黄金律で簡単にトレードできますね


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■5分足を使った手法
48戦45勝2敗(通算491pips)※一回はエントリーできず
今日の獲得pips… 34pips

朝7時
●週足は 先週は上下ヒゲ陽線で終了した足からスタート
●日足は 150pipsの長大陽線で週末は終了、その流れから
●4時間足は 109.660を上抜けて、一度調整にはいったようす 
●1時間足は 109.940の上限と109.660の下限あたりで調整中

1006-1

1006-2

●計画:
レンジを上抜けて直近高値を更新すれば、上昇のトレンドフォロー
下抜ければ急落するかもしれない

●結果:

1006-3

想定したレンジは下抜けてきました。
が、思ったよりゆっくりゆっくり落ちてきました。

1006-4

早い段階でレンジの下限を下抜けてきたので、とりあえず目線をショートに固定してトレードに臨むことにしました。
一度+2σにタッチしたあたりでのショートエントリー。反対側の-で利確して11pips。

これで下方向への確信が強まったところでMAでの反発も狙えましたが、うまくタイミングが合わなくて、また+2σからのエントリー、ここは上昇の力もありましたので、しっかり陰線を確認してから入りました・・Bポイントで10pips。

続いてCポイントでボリンジャーバンドが並行になったところ、戻しを待って+2σからのショートで13pips。

目線がはっきり決まればあとはFXの黄金律ロジックで比較的簡単なトレードです。
方向性がはっきり見えるまで待つ=多くのトレード参加者の目線が揃う
そのタイミングをどれだけ待てるかが大事です。

FXの黄金律の詳しいレビューはこちら
FXの黄金律のリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ