FXBマニュアルのメリット⑤〜徹底しただまし回避法〜


FXBマニュアルはブレイクアウトの手法になります。

ブレイクアウト手法でトレードをしたことがある人はわかると思うのですが、ブレイクアウトはかなりだましが多く発生します。

どういうことかというと、ブレイクアウトだー、と思ってエントリーすると、それがブレイクアウトではなく、そのまま全部戻ってきてしまう、ということです。

ブレイクアウトの1波に乗ろうと思ったら、こういうことを覚悟して乗らなければいけません。

しかし、FXBマニュアルはさすがです。

だましの回避法、どういう場合はだましが多いか、ということがしっかり書かれています。

そしてもちろん対処法も。

ただ、私なりのシンプルなだまし回避法がありますので、ここではそれを紹介したいと思います。

簡単なだまし回避法ですが、まず時間帯がかなり重要になります。

特に意識してほしいのは欧州とニューヨークオープンですね。

だいたい時間としては、今だと17時と23時くらいですね。

その時間というのは、相場がオープンしたばかりなので、結構動きが活発になります。

こういうオープンの時間帯に多いのが、いったんブレイクする方向とは逆にブレイクして、それがだましで反対側に抜けていく、というパターンです。

もし、そのときの大きな流れが下方向であれば、オープンの時間にいったん上にいくように見せて、一気に下に行く、というのが結構あります。

こういうときは、オープンで上昇したからといって、それに飛び乗るのはやめた方がいいでしょう。

これを特に欧州オープンとニューヨークオープンで気をつければだましに引っかかることはそう多くなくなります。

だましが多く発生するのはオープン付近だったりしますから。

また、FXBマニュアルでも、これに近いだまし回避法が載っています。

より詳しく図を使って説明されているので、先ほどのだまし回避法とあわせて読むことで、理解が深まると思います。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ