FXBマニュアルのデメリット①〜トレード可能な時間帯の縛り〜


FXBマニュアルのデメリットについて話をしていこうと思います。

まず、FXBマニュアルはブレイクアウト手法になるので、相場が動く場面でないと、トレードすることができません。

意識されているラインをブレイクすることが基本なので、相場に勢いが必要です。

そう考えたときに、相場に勢いがつく時間帯というのは結構限られます。

それは欧州、ニューヨークです。

この2つの時間帯は比較的相場が動きます。

なので、FXBマニュアルを買い、トレードをしていこうと思っているのであれば、欧州、ニューヨークのどちらかでトレード出来ることが条件になります。

また、東京時間は動きがそこまでなく、勢いのある動きとはならないので、東京時間にしかトレード出来ない、という場合、FXBマニュアルはあまりお勧め出来ません。

一方、欧州、ニューヨークでトレード出来る場合、特に問題ありませんので心配ありません。

また、補足になるのですが欧州、ニューヨークもその時間ずっと動いているのではありません。

特に動きが活発になるのは、各市場ともオープンから2〜3時間です。

ニューヨークなどは、時間が経つにつれて、どんどん勢いがなくなっていきますので、ニューヨークは特にオープンから1時、2時位まででトレード出来るのが理想になります。

その辺を注意しつつ、動きのある、勢いのついている相場でトレードすることを心がけましょう。

そうすればそこまで連続して負けるというのも少なくなります。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ