FXBマニュアル4時間足グランビル発生エントリー場面


先日3月10日のユーロドルのエントリーについて解説していきます。

ユーロ円の4時間足で本当に綺麗な形のエントリー場面が出ました。

これは、FXBマニュアルに載っている絶好のエントリーポイントの一つです。

どの場面か、見てみましょう。

3月9日の段階でのチャートはこのようになっていました。

1

この時点で、一旦下落が落ち着いて、戻しが入っているなー、と思いながらチャートを見ていました。

狙いたいと思ってたのは、移動平均線にタッチしてそこから下落の流れの戻ってくる場面。

先に結果を見せちゃうことになりますが、こんなところですね。

2

で、この青いところを15分足で見てみるとこんな風になっています。

3

エントリー場面を詳しく見てみましょうか。

今回は最初①でエントリーして、損切りになりました。

FXBマニュアルに載っている方法でのエントリーです。

その後②でもう一度エントリーして下まで保有しました。

結果最初の損切りが10pipsでその後の利益確定が70pipsでした。よって+60pipsですね。

今回の場面は、最初の①のエントリー場面で損切りしないで保有しているのも一つの手でした。しかし、私はあまり含み損を抱えるのが好きじゃないので、なるべく早く損は確定させてしまいます。

だから今回も早めに損切りして、再エントリーしました。

再エントリーしたのは、確実なポイントだった、という事と、しっかりFXBマニュアルに載っているポイントでのエントリーだったからです。

やはりマニュアルに載っている通りの場面で、しかも絶好のポイントが来たので、保有も自信を持って少し長めにしました。

今回のような相場が大きく動くポイントを取りたいのであれば、FXBマニュアルはオススメです。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ