FXBマニュアルの手法でサクッと110pipsゲット


今回は前回に引き続きFXBマニュアルの手法を使ったユーロ円のエントリー場面を紹介していきます。

実は前回紹介した場面とほとんど同じ形になったのでそれはもう、積極果敢にエントリーしました。

1

見えている青い印をつけたところがこの間紹介した3月10日の場面です。

今回は13日の場面を紹介します。

全く同じなのでとりあえずサクッとチャート画像を載せますね。

ここから移動平均線まで戻してきて、タッチして折り返しダウントレンド継続しました。

2

で、移動平均線にタッチして下落したポイントを15分足で見てみるとこんな感じですね。

3

エントリーしたのは①のポイント。

前回は一回損切りしてから、もう一回入り直したのですが、今回は1回ですみました。

②のところがエントリーして損切りになった可能性のある場面です。しかし今回は②ではエントリーせずに①だけだった。

もしロウソク足2本くらい②のところで平行に発生して、移動平均線に抑えられている形になっていたらエントリーしていました。

しかし、そうならずに、2本目のロウソク足で一旦上昇しています。

FXBマニュアルに基づいてわたしはなるべくまつトレードをするようにしています。そこでこういう一気に行ってしまう場面はエントリーしないようにしています。

少しもみ合って、移動平均線と絡まる、というのは最高のパターンです。

ただ、最初に話したように、今回の場面はほぼ確実に下落だな、と言える場面です。だから①のところFXBマニュアルに忠実に行くとなると気持ち早いんですが直前にエントリー条件を満たしていたので、同じところまできたらエントリーしてしまいました。

結果的に今回は110pips取れました。

下落の勢いがついていて利益確定までも1時間ちょっとでした。ストレスなくかなりいいトレードができました。

FXBマニュアルの今回の場面は1週間で2回でましたね。やはりFXBマニュアルはトレンドに強い手法なので、現在のユーロ円のようにトレンドが出ていると、エントリーしやすくて助かります。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ