FXBマニュアルでポンドドル下落60pips獲得


今回はポンドドルの解説をしていこうと思います。

と言っても実はこのあいだのユーロ円の説明とほとんど同じです。

ただ、今回のポンドドルの方が綺麗にFXBマニュアルのロジックが発動したので参考までに載せておきます。

3月12日のニューヨーク時間でのエントリーです。

1

こちらがまず4時間足です。

ダウントレンドが続いているのがわかると思います。

直近2本陽線が出ていることからも、一旦ダウントレンドが落ち着いて戻しに入っているのかな、という状態でした。

こういう時は、どこまで上がるのかわからないのですが、とりあえず節目になりそうなところまでどんどん上昇しろー、と思って相場を見ています。

一般大衆と呼ばれる人たちは、15分足などで目の前のチャートが上昇しているのを見ると、その流れに乗って買いでエントリーしなければいけない、と思い込んでしまいます。

しかし、実際にはその逆で、こういう4時間足でダウントレンドの時は、15分足で上昇している場面を探します。

そして、そこから下落に転換したところが一番美味しいんですね。

先に4時間足がどうなったのかを見せますね。

2

で、この場面、15分足で見るとこんな風になります。

3

①のところがエントリーポイントなのですが、FXBマニュアルでドンピシャロジックには待っています。

エントリーの根拠としては、3つもロジックが重なっています。

こういうポイントはなかなかないですし、揃った時は結構硬いですね。

以前2回紹介したユーロ円のダウントレンドでは、どちらもエントリーの際に1回騙しにあったり、騙しに合いそうな場面、がありました。

しかし、今回は一番きれいで騙しらしいものも全くなく、本当に綺麗に下落しています。

FXBマニュアル通り、利益確定は60pipsにしました。

綺麗にエントリーでき、利益確定までも理想でした。

FXBマニュアルでは今回紹介したような場面に強いですので、今後もエントリー場面があれば積極的に紹介していきますね。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ