FXBマニュアルで時間差エントリー根拠は前日より30pips獲得


先日ユーロドルでの26日のエントリー場面を紹介しました。

その解説記事はこちら。

FXBマニュアルロジック変形ダブルトップからのエントリーで60pips

その時と同じ根拠で、次の日27日にエントリーした通貨を紹介します。

もちろん今回もFXBマニュアルの手法を用いています。

エントリーした通貨はオージードルです。

このオージードル、26日のユーロドルのエントリーとほとんど同じタイミングでエントリーできたのですが、ユーロドルのエントリーに集中していて、こちらはエントリーできませんでした。

そして、26日のユーロドルエントリー後他のチャートを見ていて、戻りの具合からオージードルはエントリーできそうと判断し、27日は追いかけていました。

最初にオージードルの日足を見てみましょうか。

aus1

こんな感じです。

ここからわかることは2つあります。

①ダウントレンドであること
②ずっと越えられないでいるレジスタンスがあること

この二つですね。

ダウントレンドであれば、基本戦略は意識されているだろうレジスタンスまで上昇してくるのを待って、そこからエントリーする。

これがFXBマニュアルの鉄板の手法です。

先ほどの場面からレジスタンスまで上昇してきました。

aus2

上昇してからはお決まりですが、15分足でタイミングをとります。

15分足にするとこんな風になっています。

ちょうど下落を始めたタイミングです。

aus15-1

たての点線は先日のユードロルのエントリー場面です。

ここ、ほとんど同じタイミングでエントリーできますね。

しかし、ここはユーロドルを見ていたので、オージードルでエントリーはできません。

そのあともう一回戻すのを待って次の日27日の昼間にエントリーしました。

エントリーしたのはこちらですね。

aus15-3

ちょうど移動平均線で止められていた場面なので、エントリーして下まで取りました。

ここは昨日下落が本格的に始まって少し時間が経っているので、そこまで大きな利益は期待していませんでした。

案の定そこまで大きく下げることなく、もみ合ったので、25pipsほどで利益確定しました。

こうやって考えるとやはりエントリーはなるべく上の方でするのがいいですね。

一番てっぺんを取るのは難しいですが、それでも2段目でエントリーがいいですね。で、2段目のエントリーは前回紹介したユーロドルのトレードです。

あそこで入らないと下落の勢いは下に行くほど弱まっていくので、自信がなかったらエントリーは控えるべきですね。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ