みんなが買いたい場面で売りエントリーするFXBマニュアル


今回はポンドドルを使ったFXBマニュアルのトレードについて話していきます。

一旦上昇して、市場参加者が買いたい場面で、売りエントリーするのが今回説明したい場面です。

誰がどうで見ても買いたい場面で買うと、やはり逆行して損切りになる可能性が高くなります。

ここはうまく説明できないのですが、FXBマニュアルで勉強すれば、こういうトレードは無くなります。

では早速内容に入っていきます。

これが今回使うポンドドルのチャートです。

1

4時間足チャートです。

ここでラインを1本引きます。

もちろん複数引いてもかまいません。引こうと思ったら3本くらいラインが引けそうですね。

重要なラインをここに引きました。

2

直近の安値のポイントですね。

ちょうどこの緑のラインを下に抜けた瞬間にダウントレンド発生となりました。

ダウ理論のトレンドについては、ここではあまり細かく話しませんが、トレードする上ではとても重要なものです。

トレンドがわからないと、結局買いでエントリーしたらいいのか、売りでエントリーしたいいのかがわかりません。

エントリーに迷ってしまうので、それをなくすためにも、しっかりトレンドがいつ起こるかをわかるようにしたいですね。

この部分は当サイトからFXBマニュアルを買った場合に付いてくるトレンドの特別レポートにまとめましたので、そちらで学ぶことができます。

で、話を戻しますが、現在の相場の分析を少しします。

3

赤丸をつけたところを突破していますね。

つまり、重要なところを下に割っているから、方向として下だ、ということです。

この段階でエントリーは売りしか考えません。

で、ここからどうトレード戦略を組むか。

ここから下落するシナリオを立てました。

4

下落しないで、上昇して緑のラインを上に行くようであれば、エントリーはしません。

下に行く場面をチャートパターンの発生を待ちます。

この場面、15分足に切り替えて進めてみましょう。

5

15分足で見ると、値動きが小さくなり、レンジ相場のようになっています。

厳密にいうと、安値は切り上がって、高値は切り下がっています。

ここからストレートに下落するか、もしくは一旦上に行ってから下落する、という2つのシナリオが考えられます。

実際はこのように動きました。

6

上昇したので、そのまま素直に考えると、買いエントリーしよう、買いでついていこう、と思いますよね。

でもそれではダメです。

4時間足のトレンドがダウントレンドなので、エントリーは売りのみ。

上昇したら、買いエントリーするよりも、エントリーしないようにします。

売り買いを瞬時に切り替えるトレードスタイルは上級者向けです。

その辺りは勘違いしないで、まずは大きなトレンドの方向に沿ってエントリーしましょう。

で、この場面、その後こうなりました。

7

上昇した分を一気に戻していますね。

つまり、これでわかるのは、上昇したけどそこまで上昇の勢いがない、ということ。

ここから相場はダブルトップをつけました。

8

後はネックライン分けを待ってエントリーです。

ただ、この場面ダブルトップでネックライン割れにならず、もう一つ山をつけてトリプルトップになりました。

9

ネックラインを割ったら、後はタイミングをとってエントリー。

矢印のところどちらでもエントリーできます。

10

この辺はFXBマニュアルのロジックをそのまま使えば問題ありません。

60pipsの利益です。

今回のポイントは、少し上昇したからといって、その方向にホイホイついていかないこと。

長期足のトレンドと反対に動いてもそれに動じず、自分が狙っている方向に動くまでしっかり待つ。

もう一つは、上昇しても、その後すぐに全戻しする時は、勢いがないことを表しているので、少し様子を見て、本筋の方向がどっちになのかを見定める必要があります。

この辺りもFXBマニュアルで勉強することができます。

後は、私が作ったダウ理論とトレンドの特別レポートですね。

2つのレポートで180ページを超えているので、しっかり勉強してくださいね。

FXB-Manualの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ