手法VS環境認識


さて、ここではFXで勝つために、手法と環境認識、どちらがより重要なのか、ということを考えてみたいと思います。

まず、環境認識ってなに?というところから簡単に話していきますね。

あなたはトレードをするときどの時間足を使いますか。5分足ですか、15分足ですか、それとも1時間足を使います?

多分ほとんどの人はエントリーする時間足は5分足か15分足だと思います。

環境認識とは、5分や15分足のような短い時間足ではなく、もっと長い時間足の流れのことを言います。

例えば4時間足、日足を見たときに、レンジになってる、とかアップトレンド、もしくはダウントレンドになっている、ということです。

この長期足の方向性を認識することが環境認識になります。

さて、では考えてほしいのですが、FXで勝ち続けるためには、このどちらがより重要でしょう。

僕なりの答え。

両方大事(笑)、ただ、しいて言うなら環境認識が大事、です。

なぜなら環境認識がきちんとできていないと、相場が今買いが有利なのか、売りが有利なのか、がわからないからです。

長期の時間足を見たときにあきらかなアップトレンドを形成していたとします。

ただ短期足を見ると、一時的に下降(もしくはレンジ)になることがよくあります。

もし5分足でショートエントリーのチャートパターンが出たとして、エントリーします。

しかし、長い時間足ではアップトレンドなので、買い圧力の方が強いんですね。

そうすると、勝てるはずのチャートパターンが出たのに、逆行して損切りになる、ということが多々あります。

僕がトレードを始めた当初、手法にばかり目がいってた時期があります。

絶対に勝てる手法がどこかにあると思って探し続けていましたからね。

その過程でたくさんの情報商材を買いました。しかし、どの商材も買ってすぐに勝てるようにはならないんですね。

今考えると当たり前なんですが、当時はそんなこと一切考えてなかったですからね。

そうやっていろいろな手法を試して勝てない経験をするうちにある大事なことに気がついたんです。

それは…

「手法ってもしかしてそんなに重要なものじゃないのかな?」

そしてその先にあったものが「環境認識」だったのです。

あ、ちなみに手法は全く必要ない、ということは言ってないですからね。

手法は手法で大事です。

ただ、手法というものはそれだけで独立して考えるのではなく、環境認識とセットで使うことで初めて効果が最大化される、ということです。

環境認識については次回から順を追って説明していきますね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ