環境認識について①


前回、手法と環境認識について、両方とも大事だけど、環境認識のほうがより大事だという話をしました。

ここでは、FX情報商材を買ったとしても、なかなか長期的に勝てるようにならない理由について話していこうと思います。

前回の記事の復習ですが、環境認識とは、長期足(4時間足や日足)が今どんな状況にあるのかを把握することだといいました。

簡単に言ってしまえば、長期足で方向性のないレンジなのか、アップトレンドなのか、ダウントレンドなのかを長期足で確認します。

で、ほとんどのFX情報商材は、環境認識をする方法に力を入れているのではなく、どのチャートパターンが出たらエントリーするか、どんなサインが出たらエントリーするか、そこしか述べられていないんですね。

つまりクローズアップされているのは手法です。

だから短期的にみたら勝てるかもしれないけど、長期的に見たらマイナスになる。

順調に勝てていたのに、ある日突然勝てなくなる、ということが起こるんですね。

世に出ているFX情報商材が全く使えない詐欺商材だ、ということが言いたいわけではありません。

もちろん中には、販売HPで煽り、うその実績を載せ、お金だけを巻き上げようとしている人たちがたくさんいます。それは詐欺商材といってもいいでしょう。

しかし、その一方できちんとした手法が書かれている教材もたくさんあるのです。

ただ、今までにたくさんのFX情報商材を見てきた経験としては、環境認識があまりにも軽視されている、といえます。

僕は自分のロジックでトレードをするとき、恋スキャFXのロジックを使うことがあります。

といっても、恋スキャFXのロジックをそっくりそのまま使っているわけではありません。

そのまま使うよりも、少し工夫をしたほうが圧倒的に勝率が上がります。損切りになる回数をかなり減らすことができます。

恋スキャFXのロジックに工夫を加え、勝率を上げる方法は当ブログから購入していただいた方限定でこっそり公開するとして。

どうしたら、恋スキャFXのようなロジックを用いて、勝率を上げることができると思いますか?

これは恋スキャFXだけに限ったことではありません。

FXは優位性のある手法だけでは勝ち続けることはできないんですね。

じゃあ具体的にどうしたらいいのか、それは次回環境認識について②ではなそうと思います。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ