ボラの小さいレンジ相場こそ恋スキャDXが本領発揮


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■恋スキャDXロジック
29戦28勝1敗(通算267ps)
今日の獲得pips… 17ps

朝7時ドル円
●週足:陽線で上昇継続。108.140を目指すか。
●日足:上昇先週末終値を下回ってのスタート107.310付近
●4時間足:MAの上+2σ付近にあり、上昇継続中
●1時間足:107.289と107.125の間でもみあいか

0915-1

0915-2

●計画:
上昇継続ならば節目の108.140までを目指す
レンジが長引けば下落して来る可能性もあり
買い場を探しながら、レンジからの下落へも乗る 

●結果:
アジア欧州ともに動きがなく、低ボラの一日でした。

0915-3

0915-4

Aはボリンジャーバンドの+2σから落ちてきて-2σで支えらて、RSIも良好でしたのでトレンド方向にロングエントリー、上昇で+2σで利確。勢いは下落で1時間足での下落局面だったのではいるのを躊躇していたのですが、早めの利確でとれてよかったです。

0915-5

Bはレンジ内の上昇局面。-2σタッチ後、ローソク足を確認して。RSIもOKなのでロングエントリーです。+2σで利確。

Cはレンジの上昇が一度切り下げてきて再上昇しようかという場面だったのでここは自身をもってロングエントリーしました。

ボラティリティの小さなレンジ局面では恋スキャDXロジックのまま±2σを利用してスキャルピングを繰り返すのがいいと思います。

見た目だと下落の方が大きくとれそうなので乗りたい気持ちが湧いてきますが、長期足での流れを確認したのであれば、どちらかの方向へ目線を固定した方が小さくとも利益を残せると思います。

欲張ってしまうとレンジ内では往復びんたをくらってしまいますのでご注意ください。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

恋スキャFXのリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ