5分足だけじゃなくて、15分足も1時間足も見ると理屈がわかる恋スキャDX


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■恋スキャDXロジック
47戦45勝2敗(通算529pips)
今日の獲得pips… 23pips

朝7時
●週足は 前週の大きな陰線をの勢いを受けて下落継続
●日足は 上昇局面の戻り安値106.750ラインに触れて、付近に
●4時間足は ダブルトップのネックラインを割り込んだ後、戻したがさらに下落106.750付近
●1時間足は 106.750ラインまで下落して反発上昇

1014-1

1014-2

●計画:
日足ベースの106.750ラインを下落して割り込むと
これまでの上昇トレンドが崩れ、下落のトレンドへが明確になる。
もしくはその反発で上昇していくか、このライン上での攻防が強い
=レンジになりやすいと想定

●結果:

1014-3

昨日までの下落傾向を受けて、レンジ局面をショートエントリーで狙いました。

1014-4

まずはAのポイントです。
+2σへタッチしてからの下落をRSIを測りながらエントリーし、まず10pipsを獲得です。

1014-5

続いてBポイントこちらはエントリーしてから少し逆へ動きましたが、粘って下落をとらえることができました。+13pipsの利確です。

で・・多くの方が迷うのがその前にも+2σタッチ&RSIは示しているじゃないか。
なのになぜ都合よくAのポイントでエントリーできるのかわからないと思う方もいると思います。

私の場合、1時間足と15分足も交互に見ながらエントリーのタイミングを探しています。
Aポイントは1時間足でMAに15分足で+2σにタッチしています。
Bポイントも1時間足でMAに15分足で+2σにタッチしています。
Bはもしかしてロスカット?と思えたくらいハラハラしましたけど・・
MAをくぐってからのエントリーでもよかったかもしれません。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

恋スキャFXのリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ