短期足だけだと振り回されるところをピンポイントで利確する・・恋スキャDX高速スキャル


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■恋スキャ高速スキャルロジック
53戦41勝2敗(通算625pips)
今日の獲得pips… 30pips

朝7時
●週足は 大きな陰線が下ヒゲをつけて上昇したが、陰線でスタート
●日足は 106.715付近まで下がり、さらに陰線でスタート
●4時間足は 上昇を続けたが、+2σ手前で下落、106.715付近MAで反発か?
●1時間足は ボリンジャーバンドも並行になりつつあり現在MAの真下

image

image

●計画:
・1時間ベースでこのままMAを突破しそうであれば、戻し待ち+2σまで
 一度MAで落とされて106.715か106.550付近まで落とされ、再上昇
 もしくは106.715か106.550付近まで落とされた後、105.440方向へ下落

●結果:
MAの反発下落の兆候はすぐに見て取れました。
この下落のタイミングでうまく入れないと、短期足では上下に振り回されてしまったと思います。

image

同じく1時間足チャートの翌日22日です。
私がエントリーしたのはMA反発で下落がはっきりした矢印の足。
高速スキャルのロジック判断の-2σをオーバーです。
1時間足でオーバーということは・・

image

当然、15分足でもオーバーです。
さらにこれを5分足に落とし込んで、この当たりはターゲットを絞り込みますから
「5分足」→「15分足」→「1時間足」→「15分足」→「5分足」と目まぐるしくチャートをチェックしています。

image

で・・いよいよエントリーです。
1時間足で-2σを突破したという勢いを用いて、戻りをみせたところで迷わずショートエントリーしました。
-3σ手前でエキジットで9pips獲得。
その次のBポイントでMAの角度を見ながら反発することを狙って、再ショートエントリーです。こちらは21pipsを獲得です。

この下落がどこまで続くかは誰にもわからないので、目安としてフィボナッチリトレースメントを置いていますが、50%付近で効いていてそこから上昇しました。
このあたりで下げだとショートした人はむ完全に振り回されてしまったでしょうね。

長期的には上昇トレンドの中の戻しだったので、いつ上昇に転じるかわからない中のショート作戦でした。その1タイミングを狙い確実に利益をとるための恋スキャFX高速スキャルです。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

恋スキャFXのリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ