恋スキャDXロジック レンジ内の複雑な動きの中でタイミングを見極めるコツ


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■恋スキャDXロジック
56戦44勝2敗(通算657pips)
今日の獲得pips… 20pips

朝7時
●週足は 昨日つけた陰線が上昇して下ヒゲをつけている
●日足は 昨日MAを割り込んだが結果的にMAを陽線で上抜けしたところ
●4時間足は 日足のMAに対して4HMAはローソク足を支える形で下から上がってきて、日足と交差したところでボリンジャーバンドがグッと収束してきた 
●1時間足は 3日前から続くレンジの継続

1029-1

1029-2

●計画:
・経済指標発表があるためレンジが続く見通しで計画する
・上を108.265付近、下を107.620付近に置いて1H足で上からMAまで、下からMAまでを5分足に置き換えて狙う
・上下ラインを越えたらついていく

●結果:
今週は横ばいのレンジが続いています。数日ぶりに影響のありそうな経済指標発表もありますのでこのままレンジで推移すると思い、レンジの上限と下限で逆張りを待ち構えました。

1029-3

Aポイントは長期足の押し目で上昇してきたところ、上限ライン付近の+2σからの逆張りです。私がまだFXを始めた頃はしっかりこの上限ラインに触れるんだと思い、ずっとエントリーチャンスを待っていたんですね。相場はジャストこのラインでということがありませんので、だいたいこのあたりでという感じになります。

Bポイントも見てください。これも+2σからの逆張りですが、完全に設定した上限ラインから外れています。

ではこのA・Bポイントはなぜここなのかということです・・

1029-4

15分足で見てください。
Aは+3σタッチから+2σへ下落
BはMAタッチで反発の下落のタイミングかつ
5分足の根拠だったということです。

長期足と1時間足や15分足、そして5分足の根拠をそろえていくことで、恋スキャロジックも活きてきますし、効力を発揮します。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

恋スキャFXのリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ