ボラの少ないもみ合いで、目線を決めるコツも交えての恋スキャDX発動


■通貨ペア■
ドル円

■検証結果■恋スキャDXロジック
61戦49勝2敗(通算821pips)
今日の獲得pips… 54pips

朝7時
●週足は 先週末は上ヒゲのある陽線で終了
●日足は 上下ヒゲのある大きめの陰線のあと、陰線でスタート
●4時間足は 直近の安値と同じくらいまで落ちてきている
●1時間足は 上値更新せず、安値も直近に迫る、MAを下回りはじめた

1110-1

1110-2

●計画:
上限115.550付近で下限が114.175付近のレンジ
下落方向なので短時間足を見ながらショート
・レンジ下限からの反発上昇に注意
・下限を割って下落すれば、短時間足の戻しを待ってのショート

●結果:
上昇の勢いが弱まり、調整の下落の兆候が見えてきました。
安値を切り下げそうで切り下げない、下限ラインを突破したようなしないような。
こういう相場の時はロングでせめるべきかショートでせめるべきか迷います。
でもちょっとローソク足を見てみると・・

1110-3

上昇足の方は陰線と陽線が入り混じっているのに対して、下落はきれいに陰線数本で落ちています。こういうときは下落の方に勢いがあるとみていいと思います。
そこで15分足と5分足を交互観察しながらショートエントリーできる場所を探っていきます。

1110-4
Aポイントは15分足でMA反発、5分足はロジックに足りていませんが、ショートで入りました。結果22pipsの利確。
Bは15分足で+2σ反発、5分足で恋スキャDXロジックの発動パタンのショートで32pips
こちらの方がきれいでしたね。

緑のAポイントも交互観察しながらエントリー可能だったと思えた場所です。
動きが少なく、どっちにエントリーすればいいのか難しいときの参考にしてください。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

恋スキャFXのリアルタイム検証記事のまとめはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ