30分足ブレイク後の恋スキャロジックエントリー方法


今日は30分足でブレイクした後恋スキャFXでどのようにエントリーしていくかを解説していきます。

今回はポンドドルを使って説明します。

こちらがポンドドルの30分足です。

30

30分足でレンジを上にブレイクアウトしたのがわかります。

こういう場面、レンジブレイクアウトしたから、そのまま買いでエントリーするのはあまり良くありません。

レンジブレイクアウトは勝率がかなり低い。

これはよく言われることがですし、私も経験上そう思います。

なので、私はブレイクアウトにそのまま乗っていくことはしません。

その代わり、ブレイクアウト後の相場はかなりチャンスです。

なぜなら、ブレイクしたということは、相場がブレイクアウトした方向に大きく動こうとしている、からです。

レンジブレイクはハンターが獲物を見つけるようなものです。

獲物を見つけても、すべてを狩れるわけではありません。

タイミングを見計らって、自分が捉えられると判断した時に、全力で取りに行くのです。

今回の30分足のブレイク後、幾つかの予測ができます。

①ブレイクライン(青いライン)まで戻ってきてレンジになる
②今回のブレイクアウトはだましで、青いラインを大きく下に割り込む
③ブレイクした後、そのまま下がらず高値でレンジを形成する

この3つの予測ができます。

で、恋スキャFXのロジックが最も得意としているパターンは、③です。

他のFXの情報商材のロジックを用いれば、①や②でもエントリーできるのですが、今回は恋スキャFXに絞って話していきます。

で、今回は③になりました。

レンジブレイクした後のチャートを15分足に切り替えてみてみましょう。

15-1

この辺りで新たに赤いラインを引きました。

この赤いラインは、ここから下にいけないな、という意味のラインです。

で、今回は一番美味しいところでエントリーしました。

エントリーしたのは下のチャートです。

15-2

①ですね。

これよりも前にエントリーチャンスはあったのですが、チャートから目を離していたため、エントリーできませんでした。

そこで、その後もチャンスをうかがっていて、チャンスがなかったらエントリーするのを諦めようと思っていました。

そしたら、一番美味しいところが来たので、①でエントリー。

何が美味しいかというと、いいところで下ヒゲが出ている。

恋スキャFXのロジックでは、他のFXの教材に比べてヒゲがかなり使えます。

で、今回は下ヒゲがベストポジションで出たので、エントリーしました。

今回の場面は恋スキャFXのロジックの中でもかなり美味しいところだったので、ボリバンの上まで保有しました。

結果13pips獲得しました。

今回は以上です。

また、別の場面でヒゲが出て、エントリーする場面があったら説明しますね。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ