4時間足レンジでの恋スキャFXエントリー〜RSI大活躍〜


今日は、ユーロドルのエントリー場面を紹介します。

まずはこちらが4時間足です。

4

ぱっと見でわかると思います。

4時間足でレンジを形成しています。

こういう局面で1時間足をメインに見ながらラインを引いたのがこちらです。

4-line

4時間足でレンジというのがわかるので、エントリーは買いでも売りでもエントリーを考えます。

で、長期足で引いたラインを下にブレイクしました。

前にも紹介しましたが、ラインまで戻ってくるのを待ちます。

前回のように、ラインまで戻ってこないで、レンジを形成することもありますが、今回は結構戻してきて、ライン付近まで来たので、そこから恋スキャFXのロジックが発動するのを待っていました。

ここからは15分足で見ていきましょう。

ラインブレイクした場面がこちら。

15-1

ラインブレイクから綺麗に戻ってきたので、エントリーしました。

エントリー場面がこちら。

15-en

①、②両方でエントリーしました。

①はエントリーしてすぐ利益が出たので、決済もかなり早かったです。

②は2回エントリーしました。

最初のエントリーは±0で決済して、2回目のエントリーでボリバンの真ん中まで取りました。

もしかしたら、①の場面、エントリーするロウソク足が大きなヒゲをつけていて動きが激しく、エントリーに迷いそうと思うかもしれません。

確かにロウソク足だけを見て判断するとそうなのですが、恋スキャFXのロジックでは、ロウソク足、ボリンジャーバンドと、RSIを総合的に見てエントリーするかを判断します。

今回は、ロウソク足だけを見たらエントリーをためらう可能性がありますが、RSIがそんな心配ないよ、と教えてくれたので、エントリーしました。

恋スキャFXでは、値動きが激しいときは、エントリーを控えます。

値動きが激しいか、緩やかか。

この判断にRSIを使います。

実は、ロウソク足だけを見ると、絶好の場面に見えるけど、相場がかなり激しく動いていることをRSIが教えてくれて、無駄なエントリーが減る、というメリットがあります。

何か一つに頼ると心配なことが多々出てきますが、2つか3つくらい、エントリーの指針になるものを持っていると、かなりバランス良く判断してエントリーすることができます。

今回はRSIに助けられたトレードでした。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ