1時間足と15分足を使ってレンジブレイク後エントリー


昨日のポンド円でいい場面があったので、紹介します。

最近ポンド円がエントリーしやすいチャートですね。

こういう風にエントリーしやすいチャート、エントリーしにくいチャートというのはあるので、無理にいろんなところでエントリーするのではなく、綺麗であなたが認識できるチャートでエントリーすることをおオススメします。

さて、今回の場面は1時間足でラインを引いて、そのラインをブレイクした後のエントリーになります。

レンジブレイクした後は、すぐ飛び乗る人がたくさんいますが、その場合、損切りになることが多いです。

もちろんそのブレイクが不発で、損切りすることもあるのですが、それ以上にエグジットのタイミングが掴みにくいです。

レンジをブレイクした後は、動きがかなり激しくなります。

一気に上昇して、一気に半分くらい戻して、その3倍上昇する。

こんなことが普通に起こります。

かなり動きが激しいので、ぜひレンジをブレイクした後は今回のような場面でエントリーできるようになってくださいね。

かなり勝率高く取ることができます。

さて、ではこちらが1時間足です。

1

以前も紹介したラインなので、もしかしたらあなたももうラインを引いているかもしれません。

このラインが今回も機能していますね。

赤丸をしたところが止められているので、ある程度このラインで上値が抑えられているのがわかると思います。

ではここからはより細かく見ていくために、15分足で追っていきましょう。

青いラインを上にブレイクしたところから見ていきます。

15-1

この段階では、青いラインが効いているかはよくわかりませんね。

上にブレイクしましたが、下に戻ってきたりしています。

次の場面がこちら。

15-2

この辺りを見ると、青いラインで上値が抑えられているのがわかると思います。

上に行きたくてもひげをつけるだけで、ロウソク足の実態で上に抜けることができないでいます。

この辺りから、まだ青いラインが機能している可能性があるな、とわかります。

15-3

ここで青いラインを完全に上に抜けています。

この段階で、ほぼ完全に上に抜けたことがわかります。

それと同時に、これからのシナリオは、3つくらいに分かれます。

①このままだらだら上昇していく
②一気に上昇していく
③青いラインまで戻ってきて、15分足で見たときのレンジになる

この辺りですね。

で、今回の場面は、ここまでを15分足で見て、そこまで強いトレンドではない、と予測を立てました。

よって、まず、一気に上昇していく②のシナリオになった場合、エントリーしません。

①のだらだら上昇していく可能性は結構高いのですが、個人的にはあまり好きではないんですね。

だから、あまりエントリーしようとは思いません。

何と言っても一番いいのは、ここからレンジになること。

一旦ブレイクした後にレンジになると、恋スキャFXのロジックが真価を発揮します。

こういう相場にめっぽう強いですからね。

ここからレンジになったらエントリーしようと待っていて、結果レンジになったのでエントリーしました。

エントリー場面はこちら。

15-4en

何も難しくないですね。

青いラインが効いていることを確認して、①と②のポイントでエントリーしました。

①が10pipsで②が16pipsでした。

②の方は上昇に勢いがあったので、少しだけ保有していました。

ここはラッキーでしたね。

今説明した通り、エントリーの前段階で、今回はエントリーするか、見送るかはほとんど決まっています。

エントリーするまでの前提条件が曖昧だと、エントリーしても利が伸びなかったり、すぐ逆行したり、ということがよく起こります。

そこで、今回のように恋スキャFXのスキャルピングのロジックを使うなら、恋スキャロジックが最も強い場面を探すのが勝利への近道ですね。

もちろん、恋スキャFXじゃなくても、FXの情報商材はたくさんあります。

ロジックもたくさんあるので、その中であなたのトレードスタイルに合うものを選びましょう。

短期売買なら恋スキャFX、長期保有ならトレンドハンターFXがかなり使えます。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ