恋スキャFX高値付近での逆張りエントリー場面紹介


今日は恋スキャFXを使って、長期足で見たところも逆張りでエントリーする方法を紹介します。

恋スキャFXのロジックを使ってエントリーをする際は、エントリーする時間足は逆張りです。

しかし、一方で長期足は順張りでエントリーするときもあれば、逆張りでエントリーする場合もあります。

順張りの方が大きなトレンドに沿ったエントリーなので、安心してエントリーすることができますね。

じゃあ、わざわざなぜ長期足で大きなトレンドんに逆行する場面でエントリーを考えるのか。

逆張りになるところでもエントリーするのか?

理由は簡単でエントリーチャンスが増えるからです。順張りのエントリーばかりを狙うと、どうしてもエントリーチャンスが少なくなります。

もちろん勝率はそれなりに高いのですが、それでも入る回数が少ない。そこで、長期足で逆張りだけど、それなりにしっかり根拠のあるところでエントリーするのが重要になります。

今回は恋スキャFXを使ってそんな場面でのエントリーを行っていこうと思います。

エントリー場面はこちらです。

15-en

15分足のドル円チャートです。

エントリーしたのが①のところでミドルラインまで保有したので、保有時間はそこそこ長かったです。

時間にして1時間半くらいですね。

エントリーの根拠の一つとしては、恋スキャFXのロジックに合致したから、というのが一つ。

もう一つは、1時間足で一度止められている所まで相場が来たから、というのがあります。

1時間足がこちら。

1-line

今回のエントリーですが、一個前の山のところで逆張りでエントリーしても良かったです。

しかし、エントリーするときは、私は一度止まったのを確認して、その次でエントリーしたいので、今回の場面のように、少し遅めのエントリーになります。

早めにエントリーしたいか、一歩遅れてエントリーしたいか、というのは個人の好みの問題なので、ぜひあなたにあった方を採用してください。

どちらを採用するにしても、エントリーのタイミングを取る方法は恋スキャFXの逆張りロジックで十分ですから。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ