恋スキャFXレジサポ転換場面で素直なエントリー紹介


昨日のドル円で素直なレジサポの転換があり、同時に恋スキャFXのロジックが作動したのでエントリーしました。

その場面を紹介していきます。

先にエントリーした15分足がこちらです。

15en

①のところがエントリー場面です。

根拠としては、今回はとてもシンプル。

直近の安値だったところを突破して、その後、安値まで戻してきたので、ライン付近でエントリーです。

直近の安値は、一つ上の時間足、30分足の方がわかりやすいかと思います。

こちらが30分足です。

30

赤丸のところが安値ですね。

この安値をつけたところが今回注目した場所。

もっと前を見ると、30分足のラインはそこまで効いていないように見えますが、そんなに前は気にしません。

あくまでも最重要視するのは、直近の節目になるポイント。

今回のように、直近で安値(もしくは高値)をつけて、そこまで戻って来ることがあれば、積極的にエントリーして大丈夫です。

こういうところは意識されやすく、止まりやすいポイントなので。

エントリーする場面を絞ることができたら、あとはタイミングを取るだけですね。

今回も、場面を絞ったら、恋スキャFXのロジックが発動するのを待っているだけだったので、そこまで難しいエントリーではありませんでした。

ミドルバンドまで取り、結果27pipsでした。

どのFXの情報商材でも、1週間先がどのように動くのかを予測することはできません。

トレードでコツコツ取っていくのであれば、デイトレードでも、スングトレードでも、スキャルピングでも、目先1日〜2日くらい先の予測が立てば十分です。

もし、これから先、どこまで相場が上がるかな、と考えているのであれば、考えるのをやめて、目先1日の予測をしましょう。

ほとんどの情報商材は、目先の数日のことしか考えていませんので、この考え方は以外と重要だったりします。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ