1時間足トレンド転換失敗場面を恋スキャロジックでエントリーする方法


今回は1時間足でトレンド転換失敗した後での恋スキャFXのエントリー場面を紹介します。

まず、トレンド転換が失敗した場面について。

今回はオージードルで説明します。

1-0106

この場面、赤い矢印のように相場が動けば相場はトレンド転換完成となります。

上のチャートは1月6日の時点です。

しかし、実際はそうならずに、下に落ちてきてしまいました。

こんな感じです。

1-0107

ここでトレンド転換が失敗したことが確定したので、目線としては、上昇ではなくなりました。

ここで重要なのは、上昇目線ではないのですが、まだ完全な売り目線ではありません。

で、ここからは15分足に変えて相場を見ていきます。

15分足はこちら。

15-1

青いラインが直近の上昇の出発地点になっているので、ここを下に抜けてきたら、15分足では下目線になります。

こういう場面で、下に落ちると、ラインまで戻ってくることがよくあるので、そこを狙います。

今回だと、引いてある青いラインを下に抜けてきたので、短期的に売り目線になります。

あとはライン付近まで戻ってきたら、青いラインが壁になる可能性が高いので、恋スキャロジックでタイミングをとり逆張りを仕掛けます。

実際のエントリー場面はこちらです。

15-en

今回青いラインを引いたのは、左側の赤い丸のところで止められているので、青いラインが効きそうだ、と判断しました。

どのラインが効きそうかがわかると、あとはエントリーのタイミングを取るだけ。

今回は①と②で2回エントリーしました。

①が8pipsで②が10pipsでした。

そこまで大きくないですが、確実なところでコツコツ取っていく、という感じですね。

今回は、1時間足でトレンド転換が失敗して長期足はあまり方向性が感じられませんでしたが、15分足で見ると、効きそうなラインがどの辺にあるか、わかるので、短期目線でのエントリーになりました。

今回もタイミングの取り方として恋スキャFXのロジックを採用しました。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ