恋スキャFXで60pipsを取った複数時間足エントリー方法


今回は恋スキャFXで60pips獲得できた場面を紹介します。

恋スキャFXは基本的にスキャルピングで短期売買を行うことが多いです。

なので、10〜20pipsくらいの利益になることがほとんどです。

しかし、今回は恋スキャFXのロジックに少し応用を加えて60pips獲得できました。

具体的にはこの場面です。

15

エントリーロジックは恋スキャFXのものそのままなのですが、エグジットを少し長めにしました。

というのも、この場面はエントリー根拠が強く、大きく引っ張れる可能性のある場面だったからです。

なぜ引っ張れると判断したのかというと、大きな理由は、4時間足の形状です。

4時間足のチャートはこちらです。

444

ちょうど直近の高値を大きくブレイクアウトしたところ。

こういう場面はエネルギーが大きく、その後トレンドが発生しやすいのです。

また、ブレイクした後、前回の高値の上で推移していたので相場の勢いが確認できました。

これらの条件と恋スキャFXのエントリーロジックが重なったので、今回はボリンジャーバンドの上まで引っ張り、結果的に60pips獲得することができました。

恋スキャFXのロジックにライントレード、ダウ理論の考え方を少し応用するだけでこのくらいのpipsは取れるようになります。

恋スキャ単体のロジックだと、利益確定をどこでするのかを判断するのは難しいですが、ダウ理論の考え方に基づき、相場の勢いがどのくらいあるのかがわかれば、そこからエグジットをずらすことができます。

こうやって、チャンスの場面でしっかり取り、それ以外のところでは無理せずコツコツ取っていく、そんなトレードスタイルが理想ですね。

ダウ理論に関しては、特別レポートにまとめてあり、特典として差し上げますので、その辺も勉強したい、という場合、このサイトから恋スキャFXを買うことをお勧めします。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ