恋スキャFXのロジックとヘッドアンドショルダーの融合で65pips


今回は恋スキャFXのロジックとヘッドアンドショルダーのチャートパターンが重なったいい場面があったので、紹介していきます。

まず、4時間足チャートを見てみましょう。

1

4時間足で見ると、現在の相場の状態は上昇トレンドの途中のレンジだと言えます。

ちょうど青いラインが高値で、そこを突破すれば大きな上昇トレンドが再開となりますが、なかなかそうなれずに、何度も止められています。

そんな中、青いライン、高値付近でヘッドアンドショルダーが発生しました。

このチャートパターンが発生したのは、15分足です。

15分足を見ると、このようになっています。

2

きれいなヘッドアンドショルダーで、ちょうど右肩のところで恋スキャFXのエントリーロジックが発動しています。

なので、エントリーはここです。

3

ここから恋スキャFXのロジックに従うと決済はミドルバンド、もしくは反対側の−2σなのですが、今回は4時間足のチャートで高値付近で、ここから落ちると大きく落ちそうだ、と予測が立てられたので、長くポジションを保有しました。

結果ここかで落ちました。

4

65pips獲得です。

今回のように長期足のいいところとチャートパターンが重なるような場面は、エントリー後、損切りの注文を入れながら、利益を伸ばしていきます。

具体的にどういう場面で今回のような応用を効かせるのか、これはいくつかあります。

その中でも代表的なのは今回紹介した長期足を参考にして利確を決める方法です。

この考えの土台にはダウ理論、重要なレジサポライン、などがあります。

ここに関しては、特典の独自レポートで詳しく説明しています。

ダウ理論とラインの引き方はしっかりみにつけたい力ですね。

もし恋スキャFXに興味があれば、今回エントリーしたような場面を取りたいのであれば、特典レポートは参考になる部分が多いでしょう。

恋スキャFXの詳しいレビューはこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ