トレンドハンターFXのメリット②〜相場はたまに見ればOK〜


以前の記事でも話をしましたが、トレンドハンターFXの手法を使ってトレードをする場合、エントリーのポイントがしっかりしていれば、その後はほとんど相場を見る必要はありません。

それにはちょっとした秘密があるんですね。ここで軽く暴露します。

まず、トレンドハンターFXの手法は基本的にトレンドの流れに乗っていく手法になります。

つまり、エントリーする場面では、これから上昇(もしくは下降)トレンドが起こるか、継続する、ということが大前提となるのです。

トレンドが出ている場面でエントリーする。

これもさらっと書きましたが、「簡単に出来たら誰も苦労しないよ」というのはまさにこのことです。

言うは易し、行うは難しの典型です。

ただ、このトレンドを見つけるということに関しては、僕のオリジナル特典でしっかり説明していますので、安心してください。

で、なぜ相場をほとんど見なくていいのか、という話に戻りますが、一言でいうと、トレンドが続く限り決済をしないから、です。

ただ、何もいじらないということではなく、一つだけすることがあります。

それが、「逆指値のオーダーを少しいじる」です。

たったこれだけ。

だいたいですが、1日に1回か2回くらい逆指値のオーダーをいじります。

後はほったらかし。

え?利確の指値のオーダーは入れないの?と思いましたか?

トレンドハンターFXの最大の特徴と言っても良いと思うのですが、指値は一切入れないのです。

入れる注文は逆指値のみ。

こうすることで、どこまでもトレンドの流れに乗って利益を取ることが出来るのです。

指値のオーダーを入れないと利益はでないのでは?と思うかもしれませんがそんなことはありません。

逆指値をどうやって入れていくか、という話は、直接トレンドハンターFXの手法になってしまいます。

しかもこの教材の肝となる部分なので、残念ですがここでお話しすることは出来ません。

ただこれだけは頭に入れておいてほしいのですが、逆指値を調整することで、指値の注文を入れないからこそトレンドを根こそぎ取ることが出来るのです。

そのからくりは教材でしっかり学びましょう。

何もそんなに難しいことではないですからね。

ここではトレンドハンターFXの最大の特徴について、逆指値は入れるけど、指値の注文は入れない、という話をしました。

この記事はわかる人にはトレハンFXの手法がわかるようになっています。

多分10回くらい読めば、どんなノウハウなのか、何となくはわかると思いますよ。

トレンドハンターFXの詳細はこちらから

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ