トレハンの手法で利確するときは常に最大の利益ではない理由〜なんでそんなにトレンドに乗り続けることができるの〜


今回はチャートを見ながら、トレハンの手法の特徴を見ていこうと思います。

特に、利確について絞って話していこうと思います。

まずは3〜4の場面がこちらになります。

この場面はしっかり取れる場面です。

画像を見ればわかりますのが、トレハンロジックでエントリーすれば2トレードで250pips取れます。

何か気がつくことはありませんか。

利確をするタイミングが利益が最大化されている場面ではないのです。

本当なら、利益が最大化されている場所で決済することができれば+100pipsくらいは利益がのります。

で、実は利益が最大化する場面で利確をしないことには理由があります。

理由は、トレンドが大きく出たときに、乗り続けて大きくとるためです。

『こんなに大きくトレンドが出たのに、何でこんなに早く決済してしまったんだ』と思ったことはありませんか。

もちろん手法によって、トレンドの中のどの部分をどのくらいとるか、は変わってきます。

トレハンのロジックはトレンドが出ている限りずっとそのトレンドにのって、利益を大きくしていく手法なんです。

だから、トレハンの手法で利確を行うと、最大化された状態では決済出来ません。

なぜなら、まだそこからトレンドが続くかもしれないからです。

トレンドが続くということは、アップトレンドであれば高値がどんどん更新されていくので、高値で決済するということは、その後トレンドが続いてもその後のトレンドは捨てることになります。

それはそれでいいんですね。

トレンドを全部とってやろう、という意気込みでいると、しっかりロジックに従ってエントリー、決済ができればいいのですが、そこが甘くなると、だいたいの場合トータルでプラスに持っていくのは難しいです。

トレハンのロジックでは、トレンドが続く限りは乗っていくので、利益が600pipsくらいになることもあります。

それが普通なんですね。

利益がどんどん伸びていく場面も今後紹介していきますので、その辺はご安心を。

今回紹介したトレンドはそこまで大きく、長く続いているわけではないので、特別な場面ではありませんね。

今後は損切りになる場面も含めて検証を紹介していきます。

トレハンFXの詳しいレビューはこちらからどうぞ

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ