トレハンロジックで売りと買いを同時に保有する場面の具体例〜決済するところがエントリーポイント〜


今回は少しトレハンロジックの中でも応用編の内容を話します。

話す内容は、エントリーしてから、そのポジションを決済する前に次のエントリーをする、というトレード方法です。

先に画像を見ていただいたほうがわかりやすいと思います。

今回の場面は、最初にエントリーしてから、まだ決済していない時に次のポジションを持っています。

こういうことがトレハンロジックでは起こります。

で、最初のうちは、2つのポジションを持つことで混乱する場合があるので、1つのポジションに絞った方がいいかもしれません。

ただ、トレハンロジックは、エントリー場面、決済場面というのが結構明確に絞り出すことができるので、エントリーした後は、逆指値で決済を入れておいて、その逆指値を段階的にずらしていき、最終的に引っかかったところで決済、となります。

だから、あまり細かい決済のポイントまで気にしなくても、勝手に決済されるときは決済される、という感じです。

このように、エントリー後、損切りを入れておくことができれば、そこまでポジションを気にする必要はありません。

そしたら、やることがなくなるので、次のエントリーポイントを探しにチャートを見ることになります。

そこでエントリー可能な場面がありそうであれば、エントリーして、損切りを入れておいて、ということを繰り返すようになります。

特に最初のうちは、デモでいいので、トレハンロジックに該当する場面に相場が来たら、積極的にエントリーしていくことをオススメします。

そして、感覚がつかめるようになったら、徐々にエントリーに慣れてきたら、今回のように、1つの通貨ペアで、同時に売りと買いのポジションを持つことができるようになります。

そのときの相場によって損切りになることもあるし、今回のように両方とも結構大きなトレンドに乗ることができる場合もあります。

じゃあ、なんでこういう1つのトレンドが終わる前に次のトレンドに乗ることができるのか、その辺のことは相場の原理的な話になるので、次回詳しく話そうと思います。

今回は、トレハンロジックをしっかり身につけることができれば、1つのトレードに縛られずに、どんどんエントリーすることができる、ということを理解しておいてください。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ