トレハンFXで勝てる時、負ける時〜結局相場を決めるのはあなたじゃない〜


今回はそこまで大きく取れなかった場面を見てみます。

こちらです。

取ったpips数は70pips。

以前紹介した画像では600pips取れていたので、そこから比べるとかなり小さくなっています。

今回お話ししたいのは、トレハンロジックではなかなか利が伸びないときがある、ということです。

前回のように600pips近く取れるということは、トレンドがそれだけ出ている、ということで、トレンドが出ていなければ、損切りや、小さな利食いが重なります。

で、一番やってはいけないのは、トレンドが出ていないにもかかわらず、粘って、本来損切りをするべきところで損切りをしないで、ポジションを持ち続けることです。

これがダメなことはわかっていると思うのですが、、実際に相場に向かうとやってしまうんですよね。

で、トレハンFXは基本となるロジックがかなりシンプルです。

エントリーポイントも明確ですし、損切りポイントはもっと明確です。

そして、勝てる時はトレンドが出ているときで、トレンドが出ない、レンジ相場ではどうがんばっても勝つことはできません。

勝てても良くて100pipsくらいです。

しっかりルールを守り、損切りするところで損切りをして、利確をするところで利確をすれば、結果はしっかりついてきます。

つまり、何が良いたいかというと、相場でトレンドが出るか出ないかはあなたは決められない。

しかし、エントリーしていれば、その時発生したトレンドに乗ることができる可能性がある、ということ。

あなたがいくら考えてもトレンドは発生しません。

このことはしっかり頭に入れておいた方が良いかもしれないですね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ