トレハンロジックで、もう少し利益を伸ばせないか?利確をするときに、かなり引かされるのに耐えられないあなたへ


今回はもう少し利が伸ばせるかな、という部分の話をしようと思います。

今の時点では、トレハンFXのロジックで検証をしているのですが、ロジックに忠実にエントリー、エグジットをしています。

つまり、私の裁量は一切入っていません。

今まで紹介してきた場面を見て、もう少し利が伸ばせたんじゃないのか、と少なからず感じたことがあるでしょう。

私自身も検証をしながら、決済するときに、もうちょっと利を伸ばせるんじゃないか、ということを考えたことがあります。

今回の場面はここです。

頂点から考えたら半分くらいしか取れていません。

もちろん一番上のてっぺんが取れるか、といったらそれは難しいでしょう。

しかし、一度トップをつけてから、落ちてくる所で決済が早めに決済をして利益を大きくしたまま、エグジットができないか、と考えたのです。

で、これは近いうちにロジックとしてまとめようと思うのですが、勢い良く相場が上昇する場面は、トレンドの終焉を意味することがあります。

つまり、最後に大きく陽線(もしくは陰線)がでて、そこで一旦トレンドが終了する。

その後はレンジになってエネルギーを貯め、次のトレンドに備える、という感じ。

で、今回は結構大きな陽線が最後でから、どんどんどんどん高値がきり下がっているんですね。

こういう風に高値がきり下がっている場面は、上昇の勢いがない、ということを示しています。

こんな風に上にいきたいけど、いけない、というのがチャートからわかると、もっと早めの決済が可能になります。

しかし、これは単純に早く決済すれば良い、という話ではなく、トレンドが終わったかなー、というのをある程度根拠を持って判断しないと、その先取れるはずだったトレンドをみすみす逃すことにもなります。

そうならないためにもしっかり見極める必要があります。

ということで、今回は一つの見方として、高値がどんどんきり下がっている、という部分に注目してみては?という話でした。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ